EPIK HIGH「麗<レイ>~花萌ゆる8人の皇子たち~」OSTに参加…イ・ハイがフィーチャリングとして参戦

OSEN |

写真=ニャムニャムエンターテインメント&CJ E&M MUSIC
EPIK HIGHが8年ぶりにOST(劇中歌) に参加した。

SBSドラマ「麗<レイ>~花萌ゆる8人の皇子たち~」のOST制作会社(ニャムニャムエンターテインメント&CJ E&M MUSIC) 側は本日夜12時(20日0時)、各種の音楽配信サイトを通じて、EPIK HIGHとイ・ハイが共にしたOST Part.6「私の心が聞こえますか」を公開する。

「私の心が聞こえますか」は、主人公たちの心の中の1人に向けた告白を表現した楽曲だ。全体的なリズムとボーカルが調和を成し、TABLOとMITHRAのラップが1本の詩を連想させる。そこにイ・ハイがフィーチャリングとして参加し、魅力的なボーカルが添えられて幻想的なハーモニーを完成させた。

自他ともに認める韓国の代表的なヒップホップミュージシャンEPIK HIGHと圧倒的なソウルボイスを持つイ・ハイのコラボレーションに音楽ファンの期待が高まっている。

EPIK HIGHとイ・ハイのコラボが最高であることは、EPIK HIGHの7thアルバム「寒い」で既に証明されている。当時、EPIK HIGHはイ・ハイがフィーチャリングした「寒い」で音楽配信チャートを席巻し、大きな人気を得た。

また、彼らは2008年の映画「タチマワ・リー~悪人よ 地獄行き急行列車に乗れ」のOST以来、8年ぶりのOST制作に参加し、イ・ハイは今回のドラマで初めてのOST参加となる。

「麗<レイ>~花萌ゆる8人の皇子たち~」OSTは「太陽の末裔」「大丈夫、愛だ」「恋するジェネレーション」などをヒットさせて注目を浴びたヒットプロデューサーソン・ドンウンプロデューサーが統括プロデューサーとして参加しており、話題を集めている。

OST1曲目のトラックを飾るEXOから、LOCO&1PUNCHのパンチ、I.O.I、Davichi、少女時代テヨン、EPIK HIGH&イ・ハイまで、バラードとヒップホップが網羅されたOSTの豪華なラインナップが完成し、早くもファンの期待を集めている。

EPIK HIGHとイ・ハイがコラボしたSBS月火ドラマ「麗<レイ>~花萌ゆる8人の皇子たち~」OST Part.6「私の心が聞こえますか」は、今夜12時(20日0時0)、各種の音楽配信サイトを通じて公開となる。

記者 : チェ・ナヨン