“青龍の女優”イ・ジョンヒョン、映画「スプリット」のヒロインに抜擢

MYDAILY |

写真=マイデイリー DB
女優イ・ジョンヒョンが映画「スプリット」(監督:チェ・グクヒ、制作:OPUS PICTURES、配給:OPUS PICTURES) のヒロインに抜擢された。

ユ・ジテ、イ・デビット、チョン・ソンファなど演技派俳優たちのキャスティングとボーリングという新鮮な題材で2016年下半期の最高の期待作として選ばれている「スプリット」に、独歩の魅力を持っている女優イ・ジョンヒョンがヒロインとして合流することになった。

イ・ジョンヒョンは昨年「誠実な国のアリス」で第36回青龍映画賞・主演女優賞を受賞し、韓国を代表する女優として地位を確率した。「誠実な国のアリス」「バトル・オーシャン/海上決戦」「犯罪少年」など多様な作品を通じて強烈な演技を披露したイ・ジョンヒョンは「スピリット」を通じてもう一度彼女ならではの存在感をアピールする予定だ。

「スプリット」で彼女が演じるヒジン役は堂々として気難しいが、温かい心を持っているキャラクターで、イ・ジョンヒョンは抜群の演技力と特有のエネルギーで魅力的なヒジンを演じ、劇に活力を与えると同時に作品の完成度を高めると期待されている。

「スプリット」は韓国で今年下半期に公開される予定だ。

記者 : シン・ソウォン