イ・ジョンヒョン、映画「軍艦島」への出演を“前向きに検討中”

OSEN |

女優イ・ジョンヒョンが映画「軍艦島」への出演について前向きに検討している。

24日、イ・ジョンヒョンの所属事務所であるAVAフィルム&エンターテインメント側の関係者は、OSENとの取材に「イ・ジョンヒョンがリュ・スンワン監督の『軍艦島』への出演について前向きに検討している」と明かした。

イ・ジョンヒョンがオファーを受けた役は主人公の慰安婦役だ。

リュ・スンワン監督が演出を務める「軍艦島」は植民地時代、日本の端島(軍艦のようにできていて、軍艦島と呼ばれる) に強制徴用された後、命をかけて脱出を敢行する400人の朝鮮人たちの話を描いた作品だ。現在までファン・ジョンミン、ソ・ジソブ、ソン・ジュンギ、キム・ウォネらが出演を確定した。

「軍艦島」は現在撮影を準備しており、2017年韓国で公開される予定だ。

記者 : カン・ソジョン