SHINee テミン、アイデンティティーに満ちたステージ…1stソロアルバム発売記念ショーケースを開催(総合)

OSEN |

これ以上SHINeeの末っ子ではない。ソロでカムバックしたテミンはさらに成熟し、完璧になった。セクシーな眼差しを送り、トレードマークのパフォーマンスにさらに力を入れた。SHINeeのダンサー、SHINeeではない、ソロのテミンを盛り込んだ1stフルアルバムだ。

テミンは22日午後、ソウル江南(カンナム) 区三成洞(サムソンドン) coexartium内のSMTOWN THEATREで1stフルアルバム「Press It」発売記念ショーケースを開催し、「とても緊張している。SHINeeのテミンではなく、ソロのテミンとして初めて出したフルアルバムだ。公演会場で初披露したステージでもある。本当に感謝している。一生懸命頑張るテミンになる」とソロカムバックの感想を述べた。

この日、テミンは1stソロアルバムについて「パフォーマンスにも気を配った。1年6ヵ月ぶりに出す1stフルアルバムだが、これまでの汗と努力をそのまま盛り込んだアルバムだ。僕以外にも、多くのスタッフたちの愛情が込められている。ただ愛してくださることより、僕の音楽が力になり、原動力になれたら満足できると思う」と説明した。

特に、今回のアルバムは、テミンと世界的なポップミュージシャンのブルーノ・マーズが制作に関わり、話題を集めた。ブルーノ・マーズがタイトル曲「Press Your Number」の制作を手がけたのだ。テミンは「本当に魅力的なボーカリストだと思っていたが、尊敬するアーティストになった。参加していただいて本当に光栄であり、良い機会になったと思う。楽しく準備できた」と感想を伝えた。

また、テミンはパフォーマンスだけではなく、ボーカリストとしても成長しているという言葉に「歌手としてとにかく音楽、歌詞、感性を伝えて共感を得ることが自分の役割だと思う。まだ未熟だと感じており、一生懸命にやっている。歌に対する部分やパフォーマンスの足りない部分を補っていき、もっと近づいていきたい」と話した。特に、テミンは「僕の音楽が少しでも力になれば良いと思う」と再度強調した。

テミンはSHINeeに続き、ソロ活動でも1位となるべきではないかという質問に対して「元々座右の名が“人事尽くして天命を待つ”だ。一生懸命にやれば結果については天に任せて気楽にやろうと思う。準備したものをすべて披露できれば、それで満足できる」と打ち明けた。

テミンの1stソロフルアルバム「Press It」には、ブルーノ・マーズ、テディー・ライリー、ステレオタイプ、LDN Noise、SHINee ジョンヒョン、ケンジ、G.Soulなど韓国内外のヒット曲メーカーたちが大勢参加してアルバムの完成度を高めた。またテミンがデビュー以来初めて作詞に参加し、さらに豊かなテミンの音楽的なカラーと魅力を盛り込んだ。

タイトル曲の「Press Your Number」はブルーノ・マーズとステレオタイプが共同作曲し、テミンが作詞に参加したアーバンポップダンスジャンルの曲だ。23日に音楽配信が開始されると同時に店頭での販売も始まる。

この日テミンは、「Press Your Number」のステージを初公開して目を引いた。スーツ姿でステージに上がったテミンは、さらに成熟した姿でパフォーマンスを完成した。彼の説明通り、強烈な優しさを行き来するストーリーあるパフォーマンスだった。SHINeeの踊り手らしく異色な姿でパフォーマンスを完成させた。

テミンは今回のアルバムのタイトル曲「Press Your Number」について「パフォーマンス中心に作られた曲だと言える。これまで披露できなかった自分のすべてを見せる曲だと言える。 『怪盗(Danger)』とは異なる、切ない優しい雰囲気の曲だ」と明かした。

パフォーマンスについては「すごいパフォーマンスを準備したと言って強くパンと弾けるようなものよりは、優しく始まって強く変わる感じが多い。起承転結がはっきりとしているパフォーマンスだ。見ていて退屈だとは思わないはずだ」と説明した。

また、テミンはこの日「Drip Drop」と「Guess Who」、そして自ら作詞に参加した「Soldier」のステージも公開し、華やかで豊富なパフォーマンスのステージを披露した。メンバーのミンホが「さすがパフォーマンスキング」と言ったほど、テミンが今回のステージに気を配ったことを感じることができる公演だった。ピアノ演奏とボーカルが際立った「Soldier」のステージでは、ピアノの上でのパフォーマンスが特に視線を引きつけた。テミンのアイデンティティーや成長をすべて表現した公演が続いた。

テミンは今回のアルバムを発売し、タイトル曲のMVだけではなく、パフォーマンス映像まで制作するほど気を配った。彼は「まず最初のパフォーマンスビデオは、一人で踊る映像が2つある。一つは家でスーツを着て格好良く踊るシーンがあり、もう一つは水の上で寒さに震えながら撮ったビデオが準備されている。新しいと思ってもらえると思う。また、メドレー形式で作った映像がある。演出に自分も多く参加しており、ユニークなものになると思ってワン・テイク風に撮影した映像もある」と説明した。

SHINeeの末っ子から、もう一度ソロ歌手としての成長と、アイデンティティーを表したテミンが、今回のアルバムでどんな評価を受けるか関心が集まる。

記者 : ソン・ミギョン