「ブッとび!ヨンエさん」ミョン・スヒョン脚本家、次シーズンを降板…他のドラマ執筆のため

OSEN |

写真=tvN
tvNドラマ「ブッとび!ヨンエさん」側が「ミョン・スヒョン脚本家が次のシーズンから降板する」と明らかにした。

「ブッとび!ヨンエさん」は29日午前、OSENとの取材に「メイン脚本家だったミョン・スヒョン脚本家が他のドラマの執筆のため、次シーズンの『ブッとび!ヨンエさん』には参加しない。次シーズンの脚本家についてはまだ具体的に決まっていないが、『ブッとび!ヨンエさん』は複数の脚本家が共同執筆してきただけに、既存の脚本家が引き続き『ブッとび!ヨンエさん』を執筆する予定だ」と伝えた。

「ブッとび!ヨンエさん」は韓国代表オールドミス(適齢期を過ぎても未婚の女性)イ・ヨンエ(キム・ヒョンスク)を中心に繰り広げられるサラリーマンの哀歓や、30代の女性たちの現実をリアルに描き、韓国で2007年4月に放送開始して以来、着実に支持を受けているドラマだ。特に、明快なセリフとコミカルな展開で支持を受けてきた「ブッとび!ヨンエさん」がミョン・スヒョン脚本家の降板によりどんな変化が起きるのか注目される。

現在シーズン15の制作を控えており、来年下半期に月火ドラマとして編成される予定だ。

記者 : チョン・ソヨン