ファン・ジョンウム、チソン、BTOB ソンジェなど…素晴らしい演技賞からMC賞まで ― 2015年10asia放送大賞 Vol.3

10asia |

2015年も多くのスターや番組が視聴者を喜ばせ、冷や汗をかかせた。年末には必ずやってくる授賞式シーズンを終え、10asiaも「2015年10asia放送大賞」を準備した。この授賞式には99%の客観性、そして1%の愛情と独断を盛り込んだ。果たして「10asia放送大賞」の厳しい選定基準を満たした栄光の受賞者は誰だろう。

【2015年の素晴らしい演技賞】 MBC「キルミー・ヒールミー」「彼女はキレイだった」ファン・ジョンウム

「キルミー・ヒールミー」から「彼女はキレイだった」まで連続ホームランを記録した。こうなれば、ファン・ジョンウムが大ヒット作品を作るのか、それとも大ヒットする作品だけ選び出す能力を持っているのか分からなくなるほどだ。誰もそれほど期待していなかった「秘密」を大ヒット作品にした“名カップル”チソンと「キルミー・ヒールミー」を通じて再び意気投合したファン・ジョンウムは、素晴らしい演技力を披露し、空前絶後の自主的なヒロインのキャラクターを完成させ、「キルミー・ヒールミー」シンドロームを誕生させた。“ファン・ジョンウムパワー”は「彼女はキレイだった」でも的中した。「キルミー・ヒールミー」でいつも言い争う双子の姉弟として呼吸を合わせたパク・ソジュンと切ない初恋のロマンスを演じるようになった彼女は、そばかすや赤い頬のメイクから爆笑させるコミカルなアクションまで体を惜しまない演技でお茶の間を虜にし、“信頼できるファン・ジョンウム”という言葉を実感させた。天の気運を受けたファン・ジョンウムの大ヒットリレーは果たしてどこまで続くのだろうか。


【2015年のランニングマン賞】 KBS 2TV「恋するジェネレーション」、SBS「アチアラの秘密」BTOB ソンジェ

セグウェイに乗って夜の街を叫びながら走ってたBTOBのソンジェがお姉さんファンの心の中に入ってきた。上半期には「恋するジェネレーション」(原題:「Who are you-学校2015」)でセガン高校の理事長の息子コン・テグァンとして女心を狙撃し、下半期には「アチアラの秘密」でアチアラのパク・ウジェ巡査に変身して刑事の勘を働かせた。バラエティ番組でもソンジェの活躍は止まらなかった。SBS「人気歌謡」ではMCとして活躍し、MBC「覆面歌王」では蜂の仮面をかぶって登場してキム・ドンリュル、ユン・ジョンシンの歌を熱唱しながら歌唱力を誇った。MBC「私たち結婚しました」ではRed Velvetのジョイと最年少夫婦として初々しい魅力を存分に発散している。これだけではない。心の故郷であるBTOBの活動も充実にこなしている。こうやって2015年を休まず走り続けたソンジェの名札はしばらくの間外れる心配はないだろう。


【2015年のホン・ギルドン賞】 パク・ヒョクグォン

2015年、テレビ業界を走り回った“ホン・ギルドン”といえば、断然パク・ヒョクグォンだ。2015年一年間、彼が出演した作品はSBS「パンチ」、KBS 2TV「プロデューサー」などを含めて5作品にのぼる。「また出てる?」「パク・ヒョクグォンがまた?」と飽きられてもおかしくないのに、道士ホン・ギルドンが妖術を使うようにパク・ヒョクグォンは毎回違う姿で視聴者を驚かせた。不思議な彼の変身に視聴者はパク・ヒョクグォンの次の歩みを待っているほどだ。多くの作品に出ても再び見たくなる俳優パク・ヒョクグォンに2015年のホン・ギルドン賞を与える。


【2015年のベストカップル賞】 JTBC「あなたと一緒に2-最高の愛」キム・スク&ユン・ジョンス、SBS「パンチ」チョ・ジェヒョン&パク・ヒョクグォン

総合編成チャンネルJTBC「あなたと一緒に2-最高の愛」で仮想結婚生活を過ごしているタレントのキム・スクとユン・ジョンスには過酷なタブーが一つある。本当に恋に落ちたら罰金だ。しかし、二人の間が怪しい。二人を見ていると、“Some(男女が付き合う前の段階)”のときめきから10年間付き合った長寿カップルの濃厚さまで感じられる。むしろ同じ番組に出演している実際カップルのギヨーム・パトリーとソン・ミンソよりも甘い雰囲気が漂っている。ギャグの呼吸までぴったり合う二人。MBC「私たち結婚しました」より甘い彼らの仮想の結婚生活は眠っていた視聴者の恋愛細胞を起こしている。

もう一組のベストカップルにはSBS「パンチ」のチョ・ジェヒョンとパク・ヒョクグォンが選ばれた。検察総長と彼の右腕の検査という関係に扮して世紀のブロマンス(BrotherとRomanceを合わせた言葉、男性同士の近しい関係のこと)を描いた二人。二人のブロマンスはチョ・ジェヒョンの「ガンジェ~」という一言から始まった。チョ・ジェヒョンに裏切られたパク・ヒョクグォンの「なぜ僕にそうしたんですか!」という一言はどの愛の告白よりも切なかった。信頼、愛、裏切り、涙といった愛の起承転結を見せてくれたパク・ヒョクグォンとチョ・ジェヒョンが2015年のベストカップル賞を受賞するのは当然だ。


【2015年の多重人格賞】 MBC「キルミー・ヒールミー」チソン

チソンがいなければ「キルミー・ヒールミー」の人気もなかった。「キルミー・ヒールミー」を通じて1人7役という空前絶後の1人多役キャラクターに挑戦したチソンは、完璧な男チャ・ドヒョンから暗くて荒い性格のシン・セギ、私生ファン(サセンペン:芸能人の私生活まで追いかけるファン)の活動が得意なアン・ヨナ、自殺中毒者アン・ヨソプ、厚かましい年上の女性キラーペリー・パク、可愛い少女ナナ、最終回に登場して感動的な結末を与えたMr.Xまで7つの人格を見事に演じて“お茶の間最高のワンソナム(完全に大切な男)”になった。難航したキャスティングの末に7人の人格の主人公になったチソンは完璧な演技で視聴者を戦慄させた。チソンじゃなければ「キルミー・ヒールミー」も、多くの視聴者の“人生キャラクター”になった1人7役の面白さと感動もなかった。普通、演技大賞の大賞の主人公は主に下半期ドラマの中から誕生するというのがテレビ業界の定説だ。だが、今回だけはMBCは思い出さなければならない。「キルミー・ヒールミー」が華やかに輝かせた上半期のMBCドラマを、そして視聴者がチソンに魅了された時間を。


【2015年のMC賞】 キム・ソンジュ、イ・スミン

地上波3社を超えて教育番組まで占領したMCキム・ソンジュ。2015年のMC賞は彼に与えようと思う。かつて「60秒後に公開されます」という希代のコメントを残したキム・ソンジュは、2015年も視聴者の心臓を緊張させた。もうどんな番組でも結果発表の前には彼の声が幻聴で聞こえてくるほどだ。MBC「覆面歌王」からMnet「SUPER STAR K7」まで、キム・ソンジュは断然サバイバル番組の司会の最強者と言える。

次世代国民MCが見たい人は今すぐチャンネルを教育放送EBSに変えればいい。そうすれば優れた司会進行を披露するMCを見ることができる。毎週月~金の午後6時に放送されるEBS「生放送ボニハニ」には巧みなMCの腕前を披露するイ・スミンが登場する。視線を虜にする華やかな手の動きと個性あふれる話術。彼女の将来の姿がソン・ヘ先生に見えるのは錯覚だろうか。「まだ見ていない人はいても、一度だけ見た人はいない」というMC王イ・スミンに2015年のMC賞を与える。

記者 : チャン・ジンリ、ユン・ジュンピル、ハン・ヘリ、写真:ク・ヘジョン、チョ・スルギ、JTBC、SBS「パンチ」スクリーンショット、10asia DB、CJ E&M、編集:ハン・ヘリ、翻訳:ナ・ウンジョン