YGヤン・ヒョンソク代表が語る“iKONのデビューが遅くなった理由”は?

OSEN |

「本当にiKONがその日にデビューするんですか?」「この言葉は本当に本当ですか?」

YG ENTERTAINMENT(YG)の新人ボーイズグループiKONの15日のデビューを控えて、ファンたちは興奮を隠せない様子だ。YGのヤン・ヒョンソク代表プロデューサーが1ヶ月前に掲げたiKONのデビュー日に正確に合わせたことが、さらに驚きを与えている。YGが所属事務所のミュージシャンのカムバックやデビュー日を今回のiKONのように正確に守った例は、どれほどあるだろうか?ファンたちは話す。おそらく0ではないかと。ヤン・ヒョンソク代表がファンたちから苦情を言われながらも、スケジュールを伸ばしてきたのには理由があった。

ヤン・ヒョンソク代表は夏のインタビューで、iKONについて短くコメントしていた。「iKONでお金を稼ごうと思ったなら、有名作曲家たちの曲をもらって早くデビューさせれば良い話だ。そうしていたら、iKONのファンたちから僕も苦情を言われることも少なかったはずだ」と苦笑いをした。しかし、彼はiKONの形が見え始めたYGの内部サバイバルオーディション「WIN:WHO IS NEXT」から正式デビューまで、2年間という期間を待った。歌手ではなく、プロデューサーレベルのiKONの完成を望んだためだ。

「YGは、実は歌手たちの集団というよりは、プロデューサーの集合体です。PSY(サイ)とEPIK HIGH、BIGBANGがそうです。自分の曲を自分で作って、取り扱えてこそ、本当のアーティストとして長い生命力を持つことができます。私が考える“YG歌手=プロデューサー”の公式なのです。iKONとWINNERも人気を利用して、他の作曲家の曲をもらってアルバムを出していれば、すでに巨額を儲けたはずです。その代わり、生命力が短くなったのではないでしょうか。彼らに作曲も勉強させて、長く行けるよう、将来の設計まで助けるのがYGのシステムであり、僕の役目です」

iKONもBIGBNGのデビュー初期のように、ヤン・ヒョンソク代表から厳しい訓練の過程を経た。毎日曲を書いてくるようにし、すぐに突き返した。「50曲ほどを突き返したら、最近持ってくる曲は本当に良くなった。これで良い」と思ったのが去年の夏だという。

ヤン・ヒョンソク代表は「アーティストはステージの上で上手にやって、楽に音楽にさえ邁進すればいいというのが私の考えだ。ボールを良く決めるスタープレーヤーが監督をして、守備もして、ゴールキーパーまで担当するのでは、チームは回らない。YGの組織が守備ラインで、あえて言うなら僕が監督の役割をする。三拍子揃った時こそ、すべてがスムーズに回っていく。世の中には、1人の力だけで成し遂げられるものが多くない」と見解を示した。

続いて「役者は演技に没頭し、歌手は歌手本来の仕事に没頭したほうが良いと思います。一つの分野だけ掘り下げて成功することも容易ではないのが現実ですから。良く走るスタープレーヤーBIGBANGも、今第一歩を踏み出したiKONも同じく、自身のプレイに集中できるようにパスをたくさんしてあげるのがYGの組み合わせの力です。決してヤン・ヒョンソク個人が優れていたから、ここまで来られたわけではありません」と話した。

実際にスタープレーヤーを持っているチームが試合に負けるケースは多い。結局、戦術の問題だ。ヤン・ヒョンソク代表の言葉通り、“スター+チームワーク+監督”の三拍子が揃った時に、勝利を収めるのがゲームのルールなのである。

デビューがこれだけ話題になった新人グループが他にいただろうか。B.I、BOBBY、ジナン、ユニョン、ジュネ、ドンヒョク、チャヌの熱い男性7人で構成されたiKONが、15日に正式に顔を出す。Mnetのラッパーサバイバル番組「SHOW ME THE MONEY」で人気を博したB.IとBOBBYはもちろん、残りのメンバーたちもすでに固定ファンを多数確保しているスタープレーヤーだ。YGの厳しいデビュー検証プログラムを経て、デビューが遅れただけだ。世の中に顔を出した以上、彼らを遮るものはない。

iKONは15日にデビューシングルを発売し、来月1日にデビューアルバムの半分であるハーフアルバムを、11月2日にフルアルバムを発売する予定だ。デビューアルバム名は「WELCOME BACK」で、12曲全てがメンバーたちの自作曲だ。10月3日午後6時には、ソウルオリンピック公演体操競技場でデビューコンサートを開催する。例を見ないサイズが違う新人だ。

ヤン・ヒョンソク代表は「YGがBIGBANGを作ったとは思っていない。BIGBANGがYGを作った。iKONもYGを作ることを期待している」と伝えた。これだけは確かだ。待っていた、iKON。

記者 : ソン・ナムウォン