“偽証の疑い”リュ・シウォンの元妻、控訴審で不服申し立て…最高裁へ

OSEN |

リュ・シウォンの元妻A氏が偽証の疑いで控訴審で言い渡された罰金刑に不服とし、最高裁判所に上告状を提出した。

19日、法曹界によるとA氏の法律代理人は17日、裁判所に上告状を提出した。A氏は13日に行われた控訴審での罰金刑70万ウォン(約7万円)の判決を不服としている。

13日、ソウル中央地方裁判所の第9刑事部はA氏と検察側の控訴をいずれも棄却し、原審の判決を維持した。また、原審と同じくA氏に罰金刑70万ウォンを言い渡した。この日の裁判にもA氏は出席しなかった。

この日、裁判部は「A氏の裁判での証言は、リュ・シウォンの車の入出庫記録と防犯カメラを確認したことがないという全面否定の意図と見られる。A氏の主張の通り、A氏の答弁は一部否認と見ることができない」とし、控訴審でA氏の主張を受け入れなかった。

続けて裁判部は検査側が主張した偽証についても「被告人の証言が終わる前に偽証の陳述を翻意した事実を認める」とし、検査側の控訴も棄却した。

A氏は1審で一部の証言に対する偽証が認められ、罰金70万ウォンを言い渡された。検察が求刑した罰金100万ウォンより少ない額である。

リュ・シウォンとA氏は2010年に結婚し、1女をもうけた。しかし、2012年3月にA氏が離婚調整を申請し、破局を迎えた。2人は今年1月、離婚訴訟が始まってから約3年で離婚した。2013年5月、A氏はリュ・シウォンを暴行・脅迫および位置追跡の疑いで告訴し、リュ・シウォンは罰金700万ウォン(約70万円)を言い渡された。しかし、A氏の裁判所での発言が問題になり、A氏は偽証の疑いで起訴された。

記者 : パク・パンソク