2PM テギョン、新ドラマ「ラスト・チャンス!~愛と勝利のアッセンブリー~」出演を前向きに検討

TVREPORT |

写真=TVレポート DB
2PMのテギョンがKBS 2TV新水木ドラマ「ラスト・チャンス!~愛と勝利のアッセンブリー~」の出演を検討している。

テギョンが所属しているJYPエンターテインメントの関係者は「『アッセンブリ-』の出演オファーを受け、前向きに検討している」と明かした。

テギョンはドラマで地方私立大の行政学科出身で、警察になることを目指して上京し、3年前から鷺梁津(ノリャンジン)で生活しているキム・ギュファン役を演じる。がっしりとした体格の持ち主で、昼間には図書館で勉強し、夜には代理運転手として働く生活力の強い人物。テギョンであればうまくこなすだろうと期待が集まっている。

「ラスト・チャンス!~愛と勝利のアッセンブリー~」は無知だが勇敢で、単純な正義の溶接工出身の国会議員チン・サンピルが成長していく過程を描いたドラマだ。これまであまり知られなかった国会の詳しい裏面と“政治をする人たち”のリアルなエピソードを通じて韓国政治の断面を加減なく描くと予告している。

「鄭道傳」のチョン・ヒョンミン脚本家が執筆し、俳優チョン・ジェヨンと女優ソン・ユナが出演を確定し、期待を高めた。「恋はドロップキック!」の後番組として韓国で7月15日にスタートする予定だ。

記者 : ソン・ヒョジョン