「王の顔」ソ・イングク、パク・ジュヒョンに立ち向かった…兄弟対決

OSEN |

※この記事にはドラマのストーリーに関する内容が含まれています。
写真=「王の顔」放送画面キャプチャー
韓国で24日に放送されたKBS 2TVの水木ドラマ「王の顔」(脚本:イ・ヒャンヒ、ユン・スジョン、演出:ユン・ソンシク、チャ・ヨンフン)で、光海君(ソ・イングク)が兄である臨海君(パク・ジュヒョン)に立ち向かった。

この日の放送で臨海君は光海君の家に刀を持ってやって来た。そんな彼を光海君の部下イム・ヨンシン(ユン・ボンギル)が阻止すると、臨海君は暴力を振るいながら怒りを表した。

これを見た光海君は臨海君に「この人を切る前に私から切るが良い。今度は私を切ることが容易ではなかろう」と妻に刀を持ってくることを命じた。

彼は「私に刃を突きつけるのか」と驚く臨海君に「兄と2度も刀を合わせることになったため、今では自信が生まれている。私の人に害を加える者がいれば、それが誰であれ許せない」と臨海君に立ち向かった。

「王の顔」は庶子(正式な婚姻関係にない両親から生まれた子供のうち、父親に認知された者)出身で世子(セジャ:王の跡継ぎ)になり、激しい政争の中で王位につく光海君の波乱万丈な成長ストーリーとを描いたドラマだ。韓国で毎週水曜日と木曜日の午後10時から放送されている。

記者 : チョン・ユジン