韓国中の女性を虜にした美しく危ういラブストーリー「密会」CS衛星劇場で10月15日より日本初放送!

KSTYLE |

2014年の上半期に韓国中の女性たちを虜にし、社会現象となった話題作「密会」がCSチャンネル「衛星劇場」にて10月15日(水)より日本初放送される。
「衛星劇場」は、スカパー!や全国のケーブルテレビ局などで視聴可能なチャンネルで、9月30日(火) には、「密会」第1話を先行放送する。


20歳の年の差愛を描き、社会現象にもなった話題作

本作は20歳の天才ピアニストと40歳の人妻の愛を描き、その衝撃的な設定から韓国では放送前から話題を集めた。主人公ソンジェを演じるのは若手演技派俳優の中でもずば抜けた存在感を持つユ・アイン。まだウブな一面を持つ20歳の青年役を見事に演じ、また彼のピアノを弾く姿に韓国中の年上女性たちが熱狂!“ユ・アイン シンドローム”を巻き起こした。またキム・ヒエ扮する40歳の主人公が感じる若さへの未練や社会生活の孤独さなどが、現代を生きる女性たちの共感を呼んだ。


JTBCの歴代ドラマ最高視聴率を記録

2014年3月17日より韓国の総合編成チャンネルJTBCで放送がスタートした本作は、JTBCの歴代ドラマの中で最高視聴率を記録。1%を超えれば成功といわれるケーブルテレビにあって、最高視聴率6.6%という数字を叩き出した。ドラマのセリフが流行語になるなど、社会現象を巻き起こした。


「妻の資格」の演出・脚本コンビ×原案は江國香織のベストセラー小説

本作では「妻の資格」のアン・パンソク監督とチョン・ソンジュ作家のコンビが3度目のタッグを組んだ。まるでドキュメンタリー映画のようなリアリティ溢れる演出と、絶妙なセリフ回しが話題を集めた。そしてドラマの原案となったのが、韓国でも人気の高い江國香織のベストセラー小説「東京タワー」。決して不倫美化の作品ではない、大人の作品に仕上がっている。


視聴者を魅了したクラシック音楽の数々

主人公の二人をつなぐのはピアノという共通項だが、劇中には数多くのクラシック音楽の名曲が登場する。普段クラシック音楽に馴染みのない視聴者からも多くの反響を得て、劇中に登場する曲が収録されたクラシックアルバムも制作され、こちらも大人気となった。

「密会」CSチャンネル 衛星劇場にて10月15日(水)より放送スタート!
毎週(水) 夜11:00~ほか

1話先行放送決定!9月30日(火)夜11:30~
※夜10:00~「田代親世のどっぷり衛星劇場。『密会』日本上陸SP」を放送
(C)JTBC co.,Ltd all rights reserved. 原案 東京タワー (C) Kaori Ekuni

詳細はこちらから:http://www.eigeki.com/special/hanryu_drama_sengen

記者 : Kstyle編集部