「海にかかる霧」本日(13日)公開を控えてスチールカットを公開…刺身を切るJYJ ユチョンからラーメンを作るムン・ソングンまで

MYDAILY |

写真=NEW
映画「海にかかる霧」(監督:シム・ソンボ)が本日(13日)の公開を記念して、映画の主な背景となったチョンジン号の日常を公開した。

13日、映画「海にかかる霧」側は公開を記念してホン・ギョンピョ撮影監督が撮影した未公開スチールカットを公開した。

スチールカットには茫々たる大海、チョンジン号のキッチンを舞台に船員たちの些細な日常はもちろん、照れくさそうでありながらも仲睦まじいドンシク(JYJ ユチョン)とホンメ(ハン・イェリ)の姿が写っている。また、白熱電球に手を触れて楽しがるローラー手のギョング役を演じたユ・スンモクはカメラに向かって穏やかな微笑みを浮かべ、見る人の笑いを誘う。

特に、機関長のワンホ役のムン・ソングンがラーメンを作っている姿だけではなく、キッチンで刺身を切っているユチョンの姿は劇中、キッチンの仕事もしている末っ子の船員ドンシクそのものであり、視線を惹き付ける。

リアルなシーンを撮るために70%以上、海上撮影を敢行した映画らしく、船上でリアルなキャラクターの姿をキャッチした未公開スチールカットを公開し、さらに期待感を高めた「海にかかる霧」は本日(13日)韓国で公開される。

記者 : キム・ミリ