BTOB ヒョンシク、父イム・ジフンがDJを務めるラジオ番組50周年の特別公開放送に出演

TVREPORT |

写真=TVレポート DB
グループBTOBのメンバーヒョンシクがラジオ番組のDJを務めている歌手であり父親のイム・ジフンと一緒に50周年スペシャル公開放送に出演する。

6日、KBS側は「ハッピーFM『夜を忘れたあなたへ』が50周年を迎え、スペシャル公開放送を行う」と明かした。「夜を忘れたあなたへ」はイム・ジフンがDJを務めている。

今回の公開放送ではDJイム・ジフンとイム・ジフンの息子であるヒョンシクが特別なステージを披露する予定だ。特に、最近発表したリメイクアルバムで愛された歌手IU(アイユー)は、今回の公開放送で中・高年層の郷愁を刺激すると期待されている。

ほかにも歌手ユン・シネ、チョ・ドクベ、イ・グァンジョ、ユ・イクジョン、動物園、パク・スンファ(ユリサンジャ)、IU、BTOBが出演し、50年間の思い出を音楽で再現する特別なステージを披露する予定だ。公開放送の前にはファン・イニョン、ソン・スンファンなどの歴代DJと放送関係者が参加する50周年記念レセプションが行われる。

1964年5月9日に韓国で初放送された「夜を忘れたあなたへ」は、ラジオとテレビを合わせて現存する最長寿番組だ。初代DJであるイ・ソンファアナウンサーから70年代のヤン・ヒウン、ソ・ユソク、ファン・イニョン、80年代のソン・スンファン、ペ・ハンソン、チョン・ヨンロク、チェ・スジョン、ハ・ヒラ、90年代のノ・ヨンシム、シン・エラ、パク・ジニ、ソン・ミナ、ユ・ヨンソクと現在のDJであるイム・ジフンに至るまで、約30人のスターがDJを務めた。

今回の公開放送は21日午後8時からソウル良才洞(ヤンジェドン)のTHE-Kソウルホテルのコンベンションセンターで行われる。

記者 : キム・カヨン