ソ・ジソブ、ラッパーとして帰還!俳優人生18年間の寂しさを込める…本日(24日)ニューシングルを発売!

MYDAILY |

写真=51K
俳優ソ・ジソブのニューシングル「18 YEARS」がついにベールを脱ぐ。

ソ・ジソブは本日(24日)正午、各種音楽配信サイトを通じて「18 YEARS」「BOY GO」「幻の中の君」が収録されたミニアルバム「18 YEARS」の全曲とミュージックビデオの予告映像を公開する。これを受けてソ・ジソブは約1年6ヶ月ぶりにラッパーとして帰還することになった。

今回のミニアルバム「18 YEARS」には、ソ・ジソブの率直な話が盛り込まれており、さらに意味がある。ソ・ジソブが作詞したタイトル曲「18 YEARS」はデビュー18年目を迎えた俳優ソ・ジソブがこれまで話せなかった本音を打ち明ける曲だ。華やかな俳優人生の裏側に隠された寂しさをラップで吐き出すソ・ジソブの荒い歌声が魅力的だ。さらに自然と身体が動く強烈なビート、歌手セッピョルの中毒性の高いサビがソ・ジソブの感情を極大化する。

特に、ソ・ジソブは昨年リリースしたミニアルバム「6pm... Ground」でタッグを組んだヒップホップグループSOUL DIVEと残りの収録曲「BOY GO」「幻の中の君」を共同作業し、さらに完成度の高いアルバムを作った。毎年地道に音楽活動を行い、ヒップホップに対する変わらない愛情を見せているソ・ジソブのカムバックに注目が集まっている。

また、ソ・ジソブはミニアルバム「18 YEARS」のジャケット写真を通じてファンキー、悪童などを行き来する大胆なイメージを演出した。メイン写真ではフリルがポイントのパンツ、ユニークなジャケットでオールブラックのファッションを完成したソ・ジソブのオーラが感じられる。

さらにソ・ジソブはシンプルなスーツにボウタイを付ける一方、派手な赤いジャケットでファンキーな雰囲気を演出している。SOUL DIVEと自由な雰囲気の中で悪童のような姿まで披露し、視線を引き付ける。

一方、28日に台北で開催される「SOJISUB Taiwan FANMEETING TOUR 1st ASIA TOUR -Let's have fun in Taiwan-」のチケットは販売開始と同時に全席完売となる気炎を吐いた。チケットを購入できなかったファンの声援によって29日に追加公演が決定されたが、29日の公演もあっという間に完売して台湾でのソ・ジソブの人気を実感させた。

記者 : チョン・ウォン