「キレイな男」チャン・グンソク、IUと本格的なロマンス開始“優しい抱擁”

OSEN |

※この記事にはドラマのストーリーに関する内容が含まれています。
「キレイな男」チャン・グンソクが暗号に気付いた。死んだヤン・ミギョンが残した暗号は、他でもないIU(アイユー)だった。ようやく暗号が分かったチャン・グンソクはIUへの愛に気付き、甘いロマンスを予告した。

2日に韓国で放送されたKBS 2TV水木ドラマ「キレイな男」第14話では、出生の秘密に気づいたトッコ・マテ(チャン・グンソク)が挫折して苦しむが、キム・ボトン(IU)がトッコ・マテのそばを守り、変わらぬ愛を証明する姿が描かれた。

この日トッコ・マテに会ったMGグループの副会長ナ・ホンラン(キム・ボヨン)は、自分がトッコ・マテの実の母親であることを明らかにした。しかし、ナ・ホンランは謝ることも困惑することもなかった。むしろ彼女はトッコ・マテの存在と登場が不愉快のように怒り出し、トッコ・マテに韓国から離れることを促した。トッコ・マテはナ・ホンランの毒舌にまた傷ついた。特に、ホン・ユラ(ハン・チェヨン)が自分の出生の秘密を知っていて、それを利用したことに深い裏切りを感じた。

実はトッコ・マテは、ナ・ホンランがMGグループのパク・ギソク会長(トッコ・ヨンジェ)と結婚する前に生んだ子供だった。しかし、トッコ・マテが養子として海外に引き取られそうになると、パク・ギソクは後日ナ・ホンランがトッコ・マテに会いたがることを想定してキム・ミスク(ヤン・ミギョン)に養育を頼んだ。パク・ギソクは愛する女性ナ・ホンランを守るためにそうしたが、未婚状態だったキム・ミスクは愛するパク・ギソクのためにトッコ・マテを育てた事実が明らかになり視線を引き付けた。

ナ・ホンランに続き、ホン・ユラに会ったトッコ・マテは、自分の人生が否定されて利用されたことに虚しさを隠せなかった。自分の人生を映画「トゥルーマン・ショー」に例えたトッコ・マテは虚しい表情で涙を抑えたが、自分を育ててくれたキム・ミスクの前では号泣した。しかし、揺れるトッコ・マテのそばにはキム・ボトンがいた。キム・ボトンはトッコ・マテのために泣き、心からトッコ・マテを心配する唯一の人だった。

このような真心はついにトッコ・マテに通じた。トッコ・マテはその時になってはじめてキム・ミスクが残した暗号がキム・ボトンだったことに気付く。トッコ・マテは下手なスケートでゆっくりと慎重に自分に近付いてくるキム・ボトンに「そこに立ってろ。これからは僕が行く」と言った後、キム・ボトンを優しく抱きしめて本格的なロマンスを予告した。

この過程でチャン・グンソクは、親から存在を否定された虚しさと信頼していた人の裏切り、ようやく愛に気付いて慎重に告白する姿などを繊細に表現して、視聴者の劇への集中度を高めた。また、ぼろぼろと流す涙は胸を打ち、IUへの告白は最高に甘いものだった。まさに魅力が満開したチャン・グンソク、放送終了まで見せてくれるチャン・グンソクとIUのロマンス演技に期待が高まる理由だ。

記者 : オ・ミンヒ