「相続者たち」パク・シネ&キム・ウビン、コンビニで謎の出会い“漫画から飛び出てきたようなカップル”

TVREPORT |

写真=ファ&ダムピクチャーズ
ドラマ「相続者たち」のパク・シネとキム・ウビンが、コンビニでの出会いで新たなカップルの誕生を告げた。

パク・シネとキム・ウビンは、韓国で10月9日から放送される予定のSBS新水木ドラマ「王冠を被ろうとする者、その重さに耐えろ-相続者たち」(脚本:キム・ウンスク、演出:カン・シンヒョ、以下「相続者たち」)でそれぞれ厳しい現実の中でもけなげに残り超えていく“貧困の相続者”チャ・ウンサン役と、IQ150を超える頭脳を持つ経営相続者チェ・ヨンド役を演じる。イ・ミンホ、f(x) クリスタルなどと共に“ハプニング満載”のロマンチックストーリーを描く予定だ。

これと関連し、パク・シネとキム・ウビンが謎に包まれた出会いを果たすシーンが公開された。好奇心たっぷりの眼差しでパク・シネを見つめるキム・ウビンと、それを気にせずテーブルに体を傾けて眠っているパク・シネの姿が視線を引き付けている。まるで漫画から飛び出たかのような二人の姿が、期待を高めている。

パク・シネとキム・ウビンが初共演したシーンは先月27日、ソウル鐘路(チョンノ)区に位置するコンビニの前で行われた。生まれつきの明るい性格により、同年代の俳優たちの間ですでにムードメーカーとなっている二人は、撮影現場に入るとすぐに満面の笑顔を浮かべ、撮影現場の雰囲気を盛り上げた。続いて、カン・シンヒョプロデューサーと相談しながら自分たちでリハーサルを行うなど、初共演に対する熱い意思を見せた。撮影が始まると、パク・シネは健気な貧困の相続者チャ・ウンサンの姿をリアルに表現し、キム・ウビンも特有の深い眼差しで経営相続者チャ・ヨンドの姿を演じた。

特に、パク・シネは「チャ・ウンサンの揺れる感情をさらに細く表現するため、毎日苦心している。堂々としているが切ないウンサンの姿が視聴者の心にしっかりと伝わるよう、最善を尽くす」と覚悟を語った。

キム・ウビンもまた、「チェ・ヨンドに合わせて生活していることが楽しい。これからも良い姿を見せるためにさらに努力する」と覚悟を伝えた。

制作会社のファ&ダムピクチャーズは「パク・シネとキム・ウビンは、漫画から出てきたようなビジュアルと自然な演技で初共演をこなした。平凡ではない二人の関係を見守って欲しい」と明かした。

「相続者たち」は富裕層の高校生たちの恋と友情を描く青春ロマンチックコメディードラマだ。韓国で10月9日夜10時から放送される。

記者 : ムン・ジヨン