「メディカルトップチーム」ファンタジーかつリアリティな医療ドラマ、新しい神話を築くのか?(総合)

TVREPORT |

各分野の最高の医師たちが集まり、みんなが諦めた患者を助ける。ファンタジーのようなメディカルドラマがお茶の間をノックする。しかし、ただの童話のような物語ではない。協力診療という現実にはない状況を仮定してはいるが、その過程はリアリティに充実している。新しいメディカルを復活させるという抱負だ。

MBCの新水木ドラマ「メディカルトップチーム」(脚本:ユン・ギョンア、演出:キム・ドフン)の制作発表会が24日午後、ソウル新村洞(シンチョンドン)新村セブランス病院のウンミョン大講堂で俳優クォン・サンウ、チョン・リョウォン、チュ・ジフン、SHINeeのミンホ、オ・ヨンソらが出席した中行われた。

演出を担当するキム・ドフンプロデューサーは、リアリティとファンタジーの2つの要素を適切に交えることが目標であると伝えた。それぞれトップになりたいという野望を持つ医師たちが集まって展開される熱い状況を描く予定だ。また、彼らをめぐる権力争いなどリアルな物語も展開される予定だ。ファンタジーとリアリティを両立させるということだ。

高視聴率で人気を博したKBS 2TV「グッド・ドクター」の後発走者としてスタートすることとなったが、プレッシャーはない。同じメディカルをテーマにしたドラマではあるが、性格や内容が全く異なっているためだ。キムプロデューサーは「『グッド・ドクター』は綺麗で童話のような物語だ」とし、「一方、『メディカルトップチーム』は大人たちの物語だ。人物に接近する方法が違うし、ストーリーも鋭いだろう」と伝えた。

キムプロデューサーの抱負は人並みならぬものだった。今回のドラマが医療民営化に対する公論化のきっかけになってほしいと伝えた。彼は「医療民営化に関して、確かにそれと触れている部分がある」とし、「それを目標としているわけではないが、問題提起ができればいいだろう。医療民営化を公論の場に持ち出したい」と希望した。

俳優たちの覚悟も特別なものだった。同日、クォン・サンウは自らミスキャスティングに関する議論に言及し、注目を浴びた。クォン・サンウは「以前からミスキャスティングに関する議論はあった。難しい医学用語が出てくるが、それが僕とは合わないという指摘だった。しかし、僕はいつも否定的な話だけを聞いてきた。今回もそのような議論から逃れたいとは思わない」と伝えた。

続けてクォン・サンウは、「否定的な意見があったからといって、卑怯に『これは僕とは合わない』というふうに逃げたくはなかった」とし、「今回の作品も僕だけの長所で演じ切りたい。あまりにも真剣だったり、軽くアプローチしたくはない。ユーモア溢れるけれども度を過ぎないように僕だけの医師役を作っていきたい」と抱負を語った。

7年ぶりにMBCの作品にカムバックしたチュ・ジフンや、今回の作品でクォン・サンウとは2度目の共演になるというチョン・リョウォンも演技に対する揺るぎない覚悟を語った。チュ・ジフンは「7年ぶりに実家に戻ってきた。ただ嬉しい」とし、「役者の立場からして『MBCだからもっと頑張ろう』というのはない。ただ与えられた状況に合わせて頑張るのみだと思う」と感想を述べた。

チョン・リョウォンは劇中で自身が所属している胸部外科に対する人並外れた愛情をアピールした。チョン・リョウォンは「胸部外科はお金目当てで選択する専攻ではない。今回の作品をきっかけとして、人々が胸部外科に関してたくさんの関心を持ってほしい」とし「あの恐ろしいほどのスケールの手術を行い、70日間も病院で暮らし続ける医師たちを見ながら本当にすごいと感心した」と伝えた。

俳優たちを最も悩ませるのは、やはり手術のシーンだ。撮影時間も非常に長く、動物の臓器の臭いが手術室を埋め尽くすためだ。時間が立つと慣れても良さそうだが、手術シーンは今も大変で辛いという。

クォン・サンウは「とても大きな手術の撮影を控えているが、今から心配だ。手術室の中に漂う動物の臓器の臭いはとても耐えづらいものだ。他の俳優もその臭いが一番辛いだろう」と苦労を吐露した。

メディカルドラマで欠かせないのが、ラブストーリーだ。重みのある分量ではないが、劇中の人物がそれぞれ抱く複雑な感情は視聴者の心をときめかせる予定だ。特に、SHINeeのミンホとオ・ヨンソのラブストーリーが期待を集めている。

この日、オ・ヨンソは「4歳年下のミンホが相手役とは、本当に私は前世に国を助けたほどの功を立てたのだろうか」とし、「若いミンホとお似合いの女性になるために皮膚科に熱心に通った。肌に良いということは全て受けた。普段は肌にあまり気を使っていないが、今は細かく気を配っている」と伝えた。

ミンホはほぼ自身初である成人役への挑戦について「プレッシャーは感じるが、あまりプレッシャーを感じないように努力している」と伝えた。意識をすれば逆に演技の妨げとなるということだった。ミンホは「演技を通じて医師になれるだなんて、本当に不思議な経験だ。現場では末っ子だが、先輩たちの愛情を独占しようと努力している」と伝え、笑いを誘った。

「メディカルトップチーム」は各分野の最高の医師たちがチームを作り、限界を超えた奇蹟を作る孤軍奮闘を描くドラマだ。病院内の権力争いや各キャラクターの生き方も緊張感走るタッチで描かれる予定だ。韓国で10月9日に「TWO WEEKS」の後番組として放送される予定だ。

記者 : キム・ジヒョン 写真 : ムン・スジ