「主君の太陽」ソ・ジソブ&コン・ヒョジン、キスで誤解を解消!最高のビジュアル

OSEN |

俳優ソ・ジソブとコン・ヒョジンがキスで誤解を解き視聴者たちをドキドキさせた。

韓国で11日午後10時放送されたSBS「主君の太陽」では、チュ・ジュンウォン(ソ・ジソブ)とテ・ゴンシル(コン・ヒョジン)がお互いの誤解をキスで解くシーンが描かれた。

この日ジュンウォンは姉のチュ・ソンラン(キム・ミギョン)との会話中にゴンシルについて話した。ジュンウォンは「あの子は何でもない。僕が必要で仕方なく抱えているだけだ」と心にもない言葉を言った。

しかし、ゴンシルはこの話を聞くことになり、結局ジュンウォンに大きく失望してしまった。ゴンシルはソンランの問いに「そうです。私には余裕がありません」と答え、涙を浮かべながら門の外へ出る。

ジュンウォンは初デートをする想像にドキドキしていたゴンシルを行かせ、夜遅くまで悩んだ。結局彼はゴンシルの家へ訪れ、ゴンシルはジュンウォンを冷たくあしらった。

これに対してジュンウォンは「君、くるみ割り人形がどうやって行ったか知らないだろう?よく見てごらん」とし、ゴンシルを抱きしめ甘いキスをした。ゴンシルも目をつぶって気持ちを和らげ、二人は素晴らしい夜景を背景にキスを交わした。

記者 : ファン・ミヒョン