イケメン俳優グループ5urprise、デビューと同時にオファー殺到!“大ブレイクの予感”

TVREPORT |

写真=TVレポート DB
イケメン俳優グループ5urprise(サプライズ)がデビューと同時に大活躍を繰り広げている。

30日、5urpriseの所属事務所によると、メンバーのソ・ガンジュン、コンミョン、カン・テオはデビューと同時に、それぞれドラマや映画、CMに相次いでキャスティングされた。

5urpriseはヨム・ジョンア、チュ・ジンモ、ハ・ジョンウ、キム・ソンス、チョン・ギョンホ、チョン・ギョウン、チョ・ユニ、キム・セロンなどが所属しているFantagioで満を持して企画された俳優グループだ。ソ・ガンジュン、イ・テファン、ユイル、コンミョン、カン・テオの20代前半の5人のメンバーで構成された。Fantagioの新人俳優発掘プロジェクトである「アクターズリーグ」を通じて、2000倍の競争率の中を勝ち抜いて選抜されたメンバーたちだ。約2年間、演技やダンス、歌など、各分野にわたって厳しいトレーニングを受けた。

まずソ・ガンジュンはドラマで顔を知らせる。「黄金の帝国」の後番組として9月23日から韓国で放送されるSBSドラマ「怪しい家政婦」への出演を確定した。カリスマ性溢れるバンド部のリーダーチェ・スヒョク役を演じる。

コンミョンは映画「これが我々の最後だ」にキャスティングされた。「これが我々の最後だ」は映画「Stateless Things」で海外の映画祭で好評を受けたキム・キョンムク監督の次回作だ。12時間の間、コンビニという制限された空間を訪れる人々と、そこに留まる若者たちの様々な顔を描く。コンミョンは3ヶ月後の入隊を控えてコンビニで勤めることになった新しいバイト、キチョルを演じる。

カン・テオは電子製品のCMモデルとして抜擢された。デビュー前にコスメブランドのCMモデルとして初々しさを誇った彼は、今回は電子製品のCMでまた違う魅力をアピールする予定だ。

写真=Fantagio
5urpriseは9月2日に放送が始まるドラマトゥーン「放課後のくじ引き」でお披露目される。女優キム・ソウンが5urpriseと共に主演を務める。

「放課後のくじ引き」は従来のドラマとの差別化を図った作品だ。これまでのドラマに楽しいエンターテインメントの要素を取り入れ、まるでウェブトゥーン(ウェブ漫画)や漫画を見ているかのような新しい形の映像コンテンツであるドラマトゥーンとして制作したモバイルドラマ。ひょんなことから“くじ引き部”に招待され、部長の腕章をつけるようになったキム・ソウンと、ハツラツとしたイケメンくじ引き部の部員である5人の5urpriseメンバーが繰り広げるハプニング満載のミッション遂行記だ。

ソ・ガンジュンはドラマでフビ高くじ引き部のカリスマ性溢れるリーダーソ・ガンジュンを演じる。イ・テファンはくじ引き部の天才ハン・ジェヒ、ユイルはくじ引き部のビジュアル担当ユイル、コンミョンはくじ引き部の感受性コンミョン、最後にカン・テオはくじ引き部の明るいモムチャン(鍛え上げられた美しい体を意味する造語)カン・テプンとして登場する。ヨム・ジョンア、キム・ソンス、キム・ヨンエ、チュ・サンウク、HELLO VENUSなどの人気スターがカメオ出演する。韓国で9月2日から毎週月・水・金曜日の午前8時、SKの全チャンネル(NATE、Btv、Tstore、hoppin)で同時に放送される。

記者 : イ・スア