「主君の太陽」ソ・ジソブ、一緒に寝たコン・ヒョジンに“騒ぐな”と憤慨

MYDAILY |

写真=SBS「主君の太陽」放送画面キャプチャー
俳優ソ・ジソブと女優コン・ヒョジンが一緒に寝た。

15日夜韓国で放送されたSBS水木ドラマ「主君の太陽」(脚本:ホン・ジョンウン、ホン・ミラン、演出:チン・ヒョク)で、チュ・ジュンウォン(ソ・ジソブ)の初恋相手のチャ・ヒジュ(ハン・ボルム)に憑依されたテ・ゴンシル(コン・ヒョジン)はチュ・ジュンウォンのベッドで目を覚ました。

当然、夢だと勘違いしたテ・ゴンシルは「どんなにこの男と寝たいと思ったら夢を見るんだ。手を握っているからか夢も静かだね」と幸せそうな表情で話した。

テ・ゴンシルはまた、「どうせ夢なら19禁バージョンだったら良かったのに。良い気をたくさんもらうため」と話しながら握っていたチュ・ジュンウォンの手を顔に当てた。

眠りから覚めたチュ・ジュンウォンはテ・ゴンシルを睨んだが、テ・ゴンシルは「もう少し寝よう。私はまだ眠りから覚めたくないから」と話した。

しかし、すぐにテ・ゴンシルは夢ではないことに気づく。これに対し、チュ・ジュンウォンは「騒ぐな。あなたと私は、文字通り手を握って寝ただけだから」と苛立ちを見せた。

記者 : コ・ヒャンミ