“結婚”イ・ビョンホン「イ・ミンジョンと“小さなことに幸せを感じながら暮らそう”と話した」

OSEN |

イ・ビョンホンが人生のパートナーになったイ・ミンジョンに「小さなことに幸せを感じながら生きようと話した」と、結婚生活への覚悟を述べた。

イ・ビョンホンは10日、漢南洞(ハンナムドン)グランドハイアットホテルで結婚式の記者会見を開き、そのように語った。

彼はこの日、イ・ミンジョンとどんな家庭を築きたいのかという質問を受け、しばらく考えた後に真剣に答えた。イ・ビョンホンは「多くの人々に知られて生きていることに感謝したが、時には辛いこともあった。本当に大きく幸せなこと、そして困難なこともあった」と話した。

続いて「イ・ミンジョンに、私たちはこれから本当に些細なことで幸せを感じようと言った。大きなことに慣れてしまい、小さなことには鈍感に生きていくかもしれないが、小さなことに幸せを感じる人なら幸せになれると思ったからだ」と述べた。

彼はまたこの日、「俳優として、これからは一家の長として、一生懸命責任を持って生きて行きたい」と付け加えた。

イ・ビョンホンはこの日、イ・ミンジョンの手を握って入場し約200のメディアからフラッシュを浴びた。記者たちの、ハートのポーズを取ってほしいというリクエストに、イ・ビョンホンは「ハートは自分の胸の中にある」と冗談を言いながら笑った。

イ・ミンジョンは華麗な飾りのヘアバンドを着用し、優雅な魅力が感じられるウェディングドレス姿で登場し、視線を浴びた。

2人は結婚式の記者会見を終えてから、この日の午後6時に約900人の賀客の祝福の中で結婚式を挙げる。式は俳優イ・ボムスとコメディアンのシン・ドンヨプが司会を、元老俳優シン・ヨンギュンが司式を務める。祝歌は新郎新婦と仲の良い歌手パク・ジョンヒョンとパク・ソンジュ、キム・ボムス、Dynamic Duoが歌うことになった。

その後2人は、2日後である月曜日の朝、モルディブに新婚旅行へ旅立つ。帰国後には次回作の選定に慎重を期す予定だ。

記者 : チョン・ソナ