ZE:A シワン「赤道の男」“演技の魅力は静けさの中で引き込まれる感覚”

KSTYLE |

(C)STAR EMPIRE / IMX, Inc.
2013年2月20日にDVDが発売されるドラマ「赤道の男」。「復活」「魔王」に続きオム・テウンが再び復讐劇に挑んだ作品として韓国放送当時から話題を集めた。オム・テウンの敵役として、親友を裏切った男ジャンイルを演じたイ・ジュニョクの少年時代を演じたZE:A シワンのインタビュー。

―本作を選んだポイントは何ですか?

シワン:一番の理由は、少年時代ではあるけど、初めて主役に挑戦できるというということが嬉しかったです。あと、完璧なストーリーの素晴らしい台本にとても惹かれました。

―「太陽を抱く月」が大ヒットし、それに続いて「赤道の男」でまったく新しい姿を見せることになりますが、今の気持ちは?

シワン:「太陽を抱く月」のシワンではない「新しいシワン」の発見と可能性を見ていただきたいです。俳優としての様々な姿をお見せできるのは、すごく嬉しいです。出演を決めた当時は、このように多くの方々の関心を引きつけるということは考えてもみませんでした。作品をすべて終えた後には、より一層様々な演技で毎回新しい姿を視聴者の皆様にお見せしたいという考えを持つようになりました。

―「赤道の男」は重く深いテーマを扱ったドラマですが、2作目の作品でなぜそんな難しい挑戦をしようと思ったのですか?

シワン:僕自身が、“どこまで変わることができるか”挑戦してみたかったからです。重く深刻なキャラクターは初めての挑戦だったので心配もしましたが、でもチャレンジしてみました。

―前作の「太陽を抱く月」に比べてどう違いましたか?

シワン:「太陽を抱く月」の撮影が終わってから、すぐに「赤道の男」の撮影に入ったのですが、本作のジャンイルという、重く深刻なキャラクターへの切り替えは、想像以上に大変でした……。「太陽を抱く月」と本作「赤道の男」は、作品自体も僕が演じるキャラクターも、間逆と言っていいほど違うので。急激な心理的変化でした。あと、「太陽を抱く月」ではビジュアル的な役割が大きかったですが、「赤道の男」では、完璧に台本を消化した上で演じなければならない、難しい役柄だったので、心の持ち様が違いました。

―ジャンイルの役作りで、準備したこと、心がけたことはどんなことですか?

シワン:ジャンイルは、どうしようもない現実のため、父親を守るため、友人を殺めることになる少年です。ジャンイルという人物は暗い人です。成功したいと思っても、自分が置かれた状況ゆえになかなか難しいのですが、そのせいで、ちょっと後ろ向きで暗いんですよね。ですので、そういった部分をうまく表現するために、普段からそのような自覚を持ちつつマインドコントロールしていました。罪を知りながらも父親に対する気持ちのため、間違った道に行こうとするジャンイルの気持ちを表現したいと思って演じました。

―監督や脚本家からは、ジャンイルの役作りでどのようなことを話し合いましたか?

シワン:監督からは、ジャンイルはとにかく冷徹な人間でなければならない、常に暗い影がないといけないというオーダーがありました。そして彼の高校時代を演じるのだから、僕に「高校生当時の気持ちに戻ってみろ」とアドバイスをくださったのですが、でもすぐ、「(僕の)高校時代が暗くなければ意味がないけれど」と言われ、結局役作りは苦労しました(笑)

(C)2012 KBS. All rights reserved
―イ・ジュニョクさんとは、ジャンイルの役作りにおいて、同一人物を演じる上で、話し合いをしたりしましたか?

シワン:台本読みとキャラクター会議をしながら多くの議論をし、一緒に食事もしながらジャンイルの役割に対して、お互いが持っている考えを話し合いました。

―撮影現場の雰囲気はいかがでしたか?

シワン:とても寒い時期でしたが、先輩方が温かく接してくださり寒いのも忘れ、一生懸命撮影しました。

―イ・ヒョヌさんはじめ、高校時代役の共演者のみなさんとは、初めての顔合わせの印象はいかがでしたか?

シワン:初めて会った時は、本当に格好いいなと感じました。ドラマの内容は重く深刻だけど、現場は温かい雰囲気でした。

―イ・ヒョヌさんとは、親友同士のソヌとジャンイルの役作りで話し合いをしましたか?

シワン:ヒョヌは年下なので、初めて会った時から気楽に接することができました。各シーンごとに、セリフあわせをしながら、お互いのキャラクターについて話し合いをしました。お互いがお互いのキャラクターをよりよく理解できるよう、たくさん話をしました。

―苦労したことは何ですか?

シワン:撮影中は、カメラが回っていないときも、感情を忘れないように努力してますし、キャラクターから抜けれないタイプです。ジャンイルは暗い性格なので、そういった部分をうまく表現するために、普段からそのようなジャンイルとしてマインドコントロールしていたので、精神的に大変でした。

―役に没頭するタイプなんですね?

シワン:僕も以前は気づかなかったですが、今回「赤道の男」をやりながらそう感じました。役に没頭すると後遺症が残るんだな、と。当時は心理的にちょっとつらかったです。どう解消すれば良いのだろう、と考えてたら、ちょうどシットコム(シチュエーションコメディー:一話完結で連続放映されるコメディードラマ)の話が来ました。そのシットコムをやりながら徐々に自然と解消できた気がします。

―俳優という仕事の魅力はどんなところですか?

シワン:演技という仕事の魅力をもっとも実感するのは、俳優が演じている時、みなさん息を潜めて見つめているじゃないですか。そんな静けさの中の集中力、引き込まれる感覚を味わえた時です。この感覚は本当に魅力的なので、今後も俳優としてチャレンジし続けていきたいと思います。

―セリフ覚えは得意な方ですか?

シワン:セリフは主に車の中か自宅で覚えています。合間に一人で。NGにはそれほどプレッシャーはありません。なぜかというと、歌手が生放送中に声が裏返ったり歌詞を間違えるのは、ファンを前にして間違えたことになるので、プレッシャーも大きいですが、演技でセリフを間違えても、NGになればやり直せば良いので(笑) だからこそ、逆にNGは割と少なかった気がします。間違えたらやり直せば良いという心理的な安心感がありますから。

―メンバーの反応はありましたか?

シワン:ZE:Aの活動の時はメンバーで相談しあったり、意見を出し合うことができますが、俳優は一人で作り上げなければいけなく、そこが緊張する部分です。でも僕が自分の出演シーンが照れくさくて見れない分、メンバーが代わりに見てくれて、よくやったと褒めてくれたり応援してくれました。僕にとってそれがすごく力になっていました。

(C)STAR EMPIRE / IMX, Inc.
―今後はどんな役を演じてみたいですか?

シワン:これまでは子供時代の役をたくさんやってきているのですが、主にスマートなタイプの役柄が多かったです。意識してそうしたわけではないですが……機会があったら、ものすごく明るいキャラクターっているじゃないですか。ちょっとおバカなくらい……そういうのを演じてみるのも魅力的だと思います。それから、すごく天真爛漫なキャラクターもあるじゃないですか。そういうのも魅力的ですし……機会さえあれば、僕は色々な役を広くやってみたいです。

―最後に日本のファンの皆さんへのメッセージをお願いします。

シワン:僕が主演した「赤道の男」という作品は、たくさんの方が共感できるストーリーですが、ある部分は「どうしてああなるのだろう」と怒ってしまうところもあるかも知れません。どんなメッセージを含んでいるかというと、簡単に言えば人間の成功への野望と人間関係における葛藤、そんなメッセージを含んでいるドラマだと思います。そのため、演技面でも内容面でも好評を受けた作品でもありますので、皆さんの支持を集められる作品だと思います。「赤道の男」に応援よろしくお願いします。そして、僕シワンの2013の活動もご期待ください。

「赤道の男」DVD
全10巻 TSUTAYAだけでレンタル中
【セル】2月20日(水) DVD-BOX1,2 各19,950円
発売・レンタル販売元:カルチュア・パブリッシャーズ
セル販売元:ポニーキャニオン
Licensed by KBS Media Ltd. (C)2012 KBS. All rights reserved

ZE:A FIVE ニューシングル「The Classic」 2月7日発売!
2013年、メンバー5人によるニュープロジェクト“ZE:A5(ゼアファイブ)”が始動!
記念すべきファーストシングル「The Classic」の発売を記念し、ミニライブ&ハグ会を開催!
タイトル:「The Classic」(3タイプ / DVD付2枚組 / 16Pブックレット付)
発売日:2013年2月7日
価格:1,890円(税込)

記者 : Kstyle編集部