チャ・テヒョン、水木ドラマ対決でJYJ ユチョンに勝利…「チョンウチ」視聴率1位をキープ

TVREPORT |

写真=KBS 2TV「チョンウチ」スクリーンショット
JYJ ユチョンとチャ・テヒョンの対決で、チャ・テヒョンが勝利した。KBS 2TVドラマ「チョンウチ」(脚本:チョ・ミョンジュ、パク・デヨン、演出:カン・イルス、パク・ジンソク)が、水木ドラマの視聴率1位をキープしたのだ。

10日、視聴率調査会社ニールセン・コリアによると、韓国で前日に放送された「チョンウチ」第15話は12.8%(全国基準)の視聴率を記録し、水木ドラマの視聴率1位をキープした。同時間帯に放送されたMBC「会いたい」は10.2%を、SBS「大風水」は9.4%の視聴率を記録した。

この日の放送でイ・チはチョン・ウチと宮殿をつなぐスパイだと疑われた。実際はイ・チとチョン・ウチは同一人物だ。オ・ヨン(キム・ビョンセ)によって正妃が廃妃となった中、残された人々はスパイがいると口を揃え、イ・チを疑った。

寄別書吏(キビョルソリ:朝報を書き写す管理)の彼が、普段から怪しい行動をとっていたというのがその理由だった。事実を知っているボングの暴露を単なるたわごとだと片付け、ハプニングとして一段落ついたが、変化もあった。懸賞金に目が眩み、イ・チを襲ったチョルギョン(チョ・ジェユン)が再び彼を疑い始め、新たな波乱を予告した。

記者 : キム・ボラ