ハ・ジョンウらファンタジオ所属俳優15人、チャリティーグラビアを撮影

OSEN |

「COSMOPOLITAN」とルイ・ヴィトンのコラボ企画として行われたチャリティープロジェクトに参加した所属事務所ファンタジオに所属している俳優15人のファッショングラビアが、「COSMOPOLITAN」12月号を通じて公開された。

今回の撮影は、「COSMOPOLITAN」が2011年から韓国SOS子どもの村を後援しているルイ・ヴィトンと共同で、寄付とともに参加できるチャリティー活動を模索していた中で企画された。今回の活動には、ファンタジオ所属の俳優チ・ジニ、ヨム・ジョンア、キム・ソンス、ハ・ジョンウ、チュ・サンウク、キム・ヨンエ、キム・ソヒョン、チェ・ウォニョン、イ・チョニ、チョン・ギョンホ、チョン・ギョウン、チョ・ユニ、チョン・ユミ、ユン・スンア、キム・ソンギュンの15人が参加した。

特に、チ・ジニ、ヨム・ジョンア、キム・ソヒョン、チョ・ユニ、ユン・スンアの5人の女優たちは、10月27日、ソウル新月洞(シンウォルドン)にあるソウルSOS子どもの村で行われた「愛分かち合い祝祭」に参加し、チャリティーバザーで直接自分たちの所蔵品を販売し、収益金全額をルイ・ヴィトンの寄付金とともに、韓国SOS子どもの村に渡した。

ルイ・ヴィトンのクラシックな洋服を着てカメラの前に立った俳優たちは、いつにも増して和気あいあいとした雰囲気の中で楽しく撮影を行ったという。特に、女優チョ・ユニと俳優ハ・ジョンウは、ホワイトとブラックのモダンペアルックを完璧に着こなし、ロマンチックなグラビアカットを演出した。この日、一緒に撮影を行った俳優イ・チョニは、以前のグラビア撮影とは多少異なる気持ちで撮影場に来たと述べ、これからも自身の才能を寄付し、誰かに役に立つことができれば参加していきたいとの希望を伝えた。ファンタジオ所属俳優15人のルイ・ヴィトンチャリティーグラビアは、「COSMOPOLITAN」12月号に掲載される。

記者 : ユン・ガイ