パク・ジニョン「“空気半分、声半分”の完璧な歌手は…」

MYDAILY |

歌手から俳優に変身したパク・ジニョンが、“空気半分、声半分”にふさわしい歌手を挙げた。

パク・ジニョンは、韓国で17日午後に放送されたSBSパワーFM「チェ・ファジョンのパワータイム」に出演して、赤裸々トークを繰り広げた。彼はSBS「ニュー!日曜日は楽しい」のオーディション番組「K-POPスター」で審査していた当時に話題になった語録“空気半分、声半分”にふさわしい歌手に、キム・ゴンモ、キム・ボムス、Brown Eyed Girlsのガインを挙げた。

彼は、「空気半分、声半分で発声できる一番完璧な歌手は?」というDJチェ・ファジョンの質問に、「キム・ゴンモ、キム・ボムス、そして女性歌手はガイン」とためらうことなく答え、一番親しい仲の親友にLeesaangのキルと俳優イ・ジョンジンの名を挙げた。

また彼は初の映画主演作「ミリオネア・オン・ザ・ラン」についての話をしてから、「パートナーであるミン・ヒョリンとのラブシーンがなかったが、その理由は何か?」という質問に、「監督が観客たちが見たくないはずだと言って入れなかった」と残念そうに語って笑いを誘った。

この他にも、彼はエレベーターに2人きりになると嬉しいと思う女性芸能人にイ・ヨンエの名を挙げて、「かすかな微笑みが本当に魅力的だと思う」と正直に語った。

記者 : チェ・ドゥソン