Secret ― “あらら”と驚く少女たちの秘密

10asia |

自分たちも“あらら”と驚いてしまった。4月に発表したSecretのミニアルバム「Secret time」のタイトル曲「Magic」はMnet「M COUNTDOWN」でイ・ヒョリとRainの新曲に続き、週間総合チャートの3位に上がり、ミュージックビデオはGOMTVで200万件のアクセス数を超えた。そして、いよいよ先週のSBS「人気歌謡」では、リサーチ、アルバム売り上げ枚数、音楽チャート、放送回数、ホームページ投票を集結して毎週7チームを決める“Take 7”に入り、放送局の音楽番組チャートの上位に入った。彼女たちの初めてのシングルである「I want you back」が、限りない競争を繰り広げる多くのガールズグループの歌の一つになったということを考えると、注目すべき成長である。


事情なしでデビューするガールグループはない

「ガールズグループのブームに乗ったように、遅れてデビューして、既存の音楽を真似しているようでした」リーダー、ヒョソンの話のように、「Magic」は彼女たちを他のガールグループと差別化させた曲である。エレクトロニカ・ビートが人気である最近のダンスソングとは違って「Magic」は“ファンキーなリズム”と“グルーヴ感”を両方備えたディスコリズムで差別化した曲だ。 ここにファンキーなリズムを“あらあらあら”のようなリフレイン(繰り返す部分)で変化をつけた。そして曲の特徴とメロディー、両方の魅力を持ったセンス抜群の曲でもある。この曲の変化は自然な流れでSecretをセクシーコンセプトにチェンジさせた。しかし、「Magic」が意外に善戦している理由は歌のファンキーな感じを少女の声で活かすことができたSecretの力量があったからだろう。

デビューをするまで、特別な事情がない歌手はいない。 Secretはデビューするまで何度も涙をこらえながら、成長する時間を過ごした。リードボーカルのソン・チウンは2007年からドラマ「エアーシティ」「飛天舞」「大韓民国弁護士」など、色々なサウンドトラックに参加して歌手としての経験を積んできたが、デビューのチャンスはなかなか来なかった。ヒョソンはWonder GirlのユビンとAFTERSCHOOLのユイを輩出して有名になったグループ5少女のメンバーだったが、前所属事務所の財政悪化の為にデビューが失敗に終わり、“一生経験しないと思っていたうつ病”になった。最近、KBS「青春不敗」の「白紙線画」で名前を知られたハン・ソナもSBS「強心臓」で幼い時のオーディション画像が出てくるほど、かなり前から歌手になることを準備していたし、ジンガーは同じ音楽学院に通った2NE1・CLのラップを見て「当時はラップをする人が珍しくて、不思議だった」と思っていたが、Secretではラッパーに変身した。4人は昨年8月に初めて会って2ヶ月後にファーストシングルを出したが、彼女たちを短期間で結成されたグループとして見てはいけない。彼女たちがMnet「Secret story」で初めて公演した時、彼女たちの練習生時代が込められた曲「3年6ヶ月」を歌って流した涙は「歌手になれた」という安堵の涙だった。


“女子god”になる夢を叶えるその日まで

しかし、グループのデビューが明るい未来を約束したわけではない。「青春不敗」で公開されて有名になった彼女たちの半地下建物の合宿所はカーテンの代わりにアルミホイルで窓を隠すほど、劣悪な環境だった。それに、ハン・ソナは「青春不敗」で少女時代、Brown Eyed Girls、KARAなど“みんな1位を経験した歌手の中で末っ子”として、また“Secretの代表として一生懸命頑張らないといけない責任感”があり、足に汗をかくほど仕事を頑張る“足湿女(パルスプニョ)”になった。 過去に色んなことを経験しながら「どんな状況にも、超然とする方法」を習ったというヒョソンの話にはあらゆる試練を勝ち抜いた人が持つ、落ち着きが感じられる。「Magic」がいい反応を得ているけど、彼女たちが“1位のグループ”になるために、どんなことが待っているかはまだ分からない。

しかしSecretは、そんなに険しい過程を一つずつ越えていくので魅力がある。「Magic」は「I want you back」よりも成功したし、合宿所もより良いところに引越す予定だ。その間メンバーは夜明けにスケジュールが終わった日も、必ずジムに行って体力をつける。少しずつ変わっていく体で「Magic」を歌う時は“アザもできて、筋肉が固まる苦痛の連続”という膝スライディングダンスを踊った。最初のミニ公演では強いビートのダンス曲であるAmerieの「Take control」からThe Pussycat Dollsの感性的なバラード「Stickwitu」まで、様々な歌を取り入れながら、“女子god”という夢を育てきた。週間総合チャート3位、あるいは放送局音楽番組の上位。ある人にとっては余りにも当たり前のことだけど、Secretにとってそれは“あらら”と驚くことで、“女子god”に近づくまた違うステップである。
合宿所はますます良くなり、「青春不敗」でハン・ソナが育てている農作物は大きく育つだろう。そのようにSecretは私たちに些細ではあるが、絶えず“あらら”と驚くようなことを作り出すのではないだろうか。

記者 : 記者:ウォン・ソンユン、写真:イ・ジンヒョク、編集:イ・ジヘ、翻訳:チェ・ユンジョン