イム・スヒャン&イ・ジャンウ主演ドラマ「優雅な一族」3月にKNTVにて日本初放送がスタート!

KSTYLE |

(C)iHQ,Inc.
イム・スヒャン&イ・ジャンウ主演ドラマ「優雅な一族」がKNTVにて3月より日本初放送することが決定した。

ミステリーラブロマンス「優雅な一族」が日本初放送。イ・ジャンウがヒロインを守る心優しい弁護士で新たな姿を披露するほか、イム・スヒャンが財閥令嬢を熱演。

「アイドゥ・アイドゥ~素敵な靴は恋のはじまり」で共演した2人が7年ぶりに主演俳優として再タッグを組むことでも話題を集めた。実力派女優ペ・ジョンオクが財閥一家の秘密を握る危機管理チームトップ役で存在感を発揮!

(C)iHQ,Inc.

■放送情報
「優雅な一族」
3月2日(月)日本初放送スタート
毎週(月)午後8:50~11:30(2話連続)ほか
全16話
(C)iHQ,Inc.

<出演者>
イ・ジャンウ、イム・スヒャン、ペ・ジョンオク、イ・ギュハン、キム・ジヌ、コン・ヒョンジュほか

<制作陣>
脚本:クォン・ミンス(「剣と花」)
演出:ハン・チョルス(「フレンズ」「マイ・リトル・ベイビー」「食客」)、ユク・ジョンヨン

<あらすじ>
大財閥MCグループの孫娘ソッキは家政婦に母を殺される。グループのトラブルを解決するTOPチームのジェグク(ペ・ジョンオク)から言い含められ、ソッキは一人海外で生活することに。時は経ち15年後、成長したソッキ(イム・スヒャン)の元に祖父のワンピョ(チョン・グクファン)が危篤に陥ったという謎のメールが送られてくる。実はワンピョは後継者にソッキを指名した直後、交通事故に遭ったのだった。急ぎ韓国に帰国したソッキは、ひょんなことから弁護士のユンド(イ・ジャンウ)と出会う。母親殺しの真犯人は別にいると考えていたソッキは、メールを送ってきた人物を探すためユンドに遂行弁護士になるよう持ち掛ける。高慢なソッキに初めは反感を抱くユンドだったが、危なっかしい彼女が心配になり傍で見守ることに。そしてもう一つ、ユンドが弁護を引き受ける理由があった。実はユンドの実の母はソッキの母親殺しの濡れ衣を着せられ15年間服役中だった。真犯人がMCグループ内にいるのではと疑うユンドは、母の冤罪を晴らすため、忠誠を誓うふりをしてTOPチームに入ることに。こうしてMCグループに戻ったソッキとTOPチームの一員となったユンドだが、ソッキの父や義理の兄弟、そしてジェグクらが2人の前に立ちはだかる。果たしてソッキの母を殺した真犯人とは!?

■関連サイト
公式サイト:https://knda.tv/kntv/

記者 : Kstyle編集部