ジェジュン&防弾少年団、日本アルバムがゴールドディスク認定

KSTYLE |

写真=ジェジュン公式Instagram
日本レコード協会が、2019年12月度ゴールドディスク認定作品を公表し、韓国からはジェジュンと防弾少年団のアルバムが認定された。

シングル作品からはKinKi Kidsの「光の気配」、氷川 きよしの「大丈夫/最上の船頭」、BOYS AND MENの「ガッタンゴットンGO!」、M!LKの「ERA」が認定された。

アルバム作品からはUVERworldの「UNSER」、 木村好夫と演歌倶楽部の「木村好夫のギター演歌 ~昭和の名曲コレクション~」、ジェジュンの「Love Covers」、防弾少年団の「THE BEST OF 防弾少年団 -KOREA EDITION-」。

ビデオ作品からはKis-My-Ft2の「LIVE TOUR 2019 FREE HUGS!」、Mr.Childrenの「Mr.Children Dome Tour 2019 “Against All GRAVITY”」と、シングル4作品、アルバム4作品、音楽ビデオ2作品がゴールド認定された。

写真=Big Hitエンターテインメント
その中で韓国からはジェジュンの「Love Covers」と防弾少年団の「THE BEST OF 防弾少年団 -KOREA EDITION-」がゴールド認定された。

日本レコード協会は、日本で発売されたアルバムやシングルのうち、発売日からの累計正味出荷枚数が10万枚以上の作品をゴールド、25万枚以上はプラチナ、50万枚以上はダブル・プラチナ、75万枚以上はトリプル・プラチナ、100万枚以上はミリオンに認定する「ゴールドディスク認定」を毎月行っている。

記者 : Kstyle編集部