防弾少年団、現代美術作家22人と異例のコラボ…世界5都市でアート公開

YONHAP |

写真=Big Hitエンターテインメント、聯合ニュース
防弾少年団が現代美術作家とのコラボレーションを行う。

今回のコラボには英国の彫刻家、アントニー・ゴームリーや、アルゼンチン出身のアーティスト、トマス・サラセーノなど、世界的に有名なアーティスト22人が参加。5ヶ国の都市で多様な作品が公開される。

14日(現地時間)、英国・ロンドンではイベント「CONNECT, BTS」が世界で初めて開催された。「CONNECT, BTS」は防弾少年団が国籍やジャンル、世代が異なるアーティストと共に行う現代美術展示プロジェクトだ。

ロンドンから始まり、ドイツ・ベルリン、アルゼンチン・ブエノスアイレス、アメリカ・ニューヨーク、韓国・ソウルの5都市で3ヶ月に渡って進行される。

「多様性に対する肯定」など、防弾少年団が追求する哲学を現代美術で表現した作品を、同時多発的にリリースする。

韓国では28日にソウル・東大門デザインプラザ(DDP)で展示プロジェクトが開幕する。英国出身のアン・ヴェロニカ・ジャンセンズが、光と霧を利用した空間設置作品を展示する。韓国のメディアアーティスト、カン・イヨンは防弾少年団のダンスから受けたインスピレーションを再解釈したプロジェクションマッピングを公開する予定だ。

今回の展示を企画したイ・デヒョンアートディレクターは「多様性に対する肯定、中心ではない周辺部に存在する小さいものなどに対する希望など、防弾少年団が追求してきた哲学や価値、現代社会に投げかけるメッセージを現代美術でさらに拡張するための歴史的な『共同展示企画』の成果」と説明した。

この日、ロンドンで公開された作品は「CONNECT, BTS」のウェブサイトで鑑賞することができる。

防弾少年団の4枚目のフルアルバム「MAP OF THE SOUL : 7」は、2月21日午後6時に世界で同時公開される。リリースに先駆け、1月17日に同アルバムから先行シングルが公開される。

防弾少年団「K-POP Radar」の週間YouTube再生回数チャートで1位を獲得…カムバックに関心集まる

防弾少年団 ジョングク、米新聞のマンガに登場?世界的な人気と影響力を証明

記者 : 聯合ニュース