2PM テギョン出演、新ドラマ「ザ・ゲーム」スチールカットを公開…謎の男との出会い

OSEN |

写真=MBC
「ザ・ゲーム:0時に向かって」で、2PMのテギョンが謎の男と異様な雰囲気の中で出会う現場がキャッチされ、関心を集める。

本日(14日)、MBCの新水木ドラマ「ザ・ゲーム:0時に向かって」(脚本:イ・ジヒョ、演出:チャン・ジュンホ、ノ・ヨンソプ、以下「ザ・ゲーム」)側は、初放送を控えて、巨大な犯罪事件の序幕を予告するテギョンと謎の男の様子を収めたスチールカットを公開した。

「ザ・ゲーム」は、死の直前の瞬間を見る事ができる予言者と捜査1課の刑事が、20年前の「0時の殺人鬼」にまつわる秘密を暴いていくストーリーを描くドラマで、2020年度のスタートを切る最も強烈な期待作&話題作であり、放送を楽しみにしているファンたちの関心を集めている。そこにテギョン、イ・ヨニ、イム・ジュファンをはじめ、貫禄俳優たちのアンサンブルと最強の没入感を誇る台本、そしてディテールでパワフルな演出は、今までとは次元が違う新鮮で新しいスタイルのジャンルドラマの誕生を予告する。

そんな中で公開されたテギョンのスチールカットは、「ザ・ゲーム」を待っている多くのファンたちの好奇心をくすぐっている。多くの人々が行き来する道の真ん中で、どこかを見つめている彼の眼差しが視線を奪う。シャープで鋭く見えるが、片方では寂しく孤独に見えるテギョンの眼差しは「ザ・ゲーム」で相手の目を通じて、その人の死の直前の瞬間を見る彼のキャラクターに対する好奇心をくすぐる。

一方で、テギョンとの出会いを待っている謎の男も、尋常ではない雰囲気を醸し出している。立っている姿だけでも尋常ではない雰囲気を醸し出す謎の男の正体は何なのか好奇心をくすぐる。歩道橋の上で一定の間隔を置いてお互いに向かい合っている二人の男の出会いは、遠くから捉えたにもかかわらず、お互いに圧倒的な存在感を表しており、果たして彼らの出会いがどんな結果を生み出すのか、視聴者の関心と期待を高める。

「ザ・ゲーム」の制作陣は「二人の男性の出会いは、ストーリーの展開において最も重要な役割を果たす場面と言っても過言ではない。特にこのシーンでは、テギョンの眼差しを注目して見ていただきたい。時々刻々と変わるテギョンの眼差しの変化が表す感情が、彼のキャラクターに対する説明と共に、そのシーンをより一層豊かなものにした」とし、ビハインドストーリーを明かすと同時に「巨大な事件の幕を開ける2人の男性の出会いがどのように描かれるのか期待してほしい」とし、関心と期待を頼んだ。

「ザ・ゲーム」は「瑕疵ある人間たち」の後番組として、韓国で22日の夜8時55分に初放送される予定だ。

記者 : ヨン・フィソン