ナム・ジュヒョク、185cm超えの抜群のプロポーション!スーツ姿からカジュアルスタイルまで“ファン悶絶”

@STYLE |

写真=YG ENTERTAINMENT

ナム・ジュヒョクがいつの間にか、次回作が待ち遠しい俳優の一人となった。映画「安市城」に出演し、様々な授賞式で男優新人賞を受賞し、俳優として強い印象を残したナム・ジュヒョク。その後、JTBC「眩しくて」で様々な感情を表現する安定した演技力で好評を博し、“信頼して見る俳優”に生まれ変わった。モデル出身のナム・ジュヒョクは高身長で優れたプロポーションを誇る。そのおかげで何を着ても抜群のスタイルになる。スーツを着るべき公の場でも、平凡なスーツよりは個性を際立たせるポイントを逃さない。ラフに着こなしているように見えるカジュアルスタイルでも、特別なミックスアンドマッチを披露し、スタイリッシュに着こなすナム・ジュヒョク。完璧なビジュアルに演技力まで備えたナム・ジュヒョクの様々なスタイルをまとめてみた。


2019年12月5日、ブランドのイベント

厚みのあるケーブルニットにピンタックが入ったパンツを合わせ、ラフなホリデーコーディネートを披露した。白いニットときれいにセットしたヘアが、ナム・ジュヒョク特有の純粋なイメージを際立たせた。


2019年4月10日、空港出国

オーバーサイズでルーズ感を演出した空港ファッション。少しシンプルに見えがちな無地なスタイルだが、見るだけで笑顔になれる彼の端正な顔立ちで素敵に見える。


2019年3月13日、「Dior(ディオール)」のオープニングイベント

長めにロールアップしたチノパンをこれだけスタイリッシュにこなせたのは、8割がナム・ジュヒョクの優れたスタイルのおかげだ。ここにシャツがジャケットの間から少し見えるようにレイヤードし、平凡ではないカジュアルコーディネートを完成させた。


2019年2月11日、ドラマ「眩しくて」の制作発表会

スリムなナム・ジュヒョクのスタイルが200%真価を発揮したセットアップスタイル。ハーフタートルネックと細いベルトで、スーツのマニッシュでセクシーな魅力を際立たせた。


2018年10月27日、「第2回THE SEOUL AWARDS」授賞式のレッドカーペット

特別な日には特別なスーツが必要だ。ムードのあるダークネイビーのベルベットジャケットを自信たっぷりに着こなしたナム・ジュヒョクは一番輝くスターの1人だった。

記者 : イ・ミンギョン