チェ・ミンシク&ハン・ソッキュ主演、映画「天文:空に問う」ライブムービートークを開催へ

MYDAILY |

写真=ロッテエンターテインメント
映画「天文:空に問う」(監督:ホ・ジノ)が今月17日、NAVERの生放送ムービートークを開催する。

「天文:空に問う」は、朝鮮の空と時間を作ろうとしていた世宗(セジョン、ハン・ソッキュ)とチャン・ヨンシル(チェ・ミンシク)の隠された話を描いた作品で、17日夜9時30分よりNAVERのライブ映像配信アプリ「V」の生中継を通じてムービートークライブを開催する。

特別GV(観客との対話)コンセプトで進められる今回のNAVERムービートークは、史上最も偉大な聖君で、朝鮮だけの空と時間を作ろうとしていた世宗役の俳優ハン・ソッキュと、朝鮮最高の天才科学者で、世宗の寵愛を受けて歴史に残る数々の業績を残したが、一瞬にして歴史的記録から消えたチャン・ヨンシル役の俳優チェ・ミンシクが登場する。また、実際の歴史をもとに、チャン・ヨンシルが謎のみを残したまま姿を消した理由について、映画的想像力を加えて「天文:空に問う」を完成させたホ・ジノ監督が参加して、視聴者と意味の深い時間を過ごす予定だ。

これだけでなく、彼らは「V」アプリを通じて視聴者とリアルタイムでコミュニケーションして、「天文:空に問う」と関連する様々な制作ビハインドを明らかにすることが伝えられて、濃厚かつ興味深い話で映画に対する期待感を最高潮に引き上げる見通しだ。

「天文:空に問う」は、韓国で12月26日に公開される。

記者 : イ・イェウン