KATIE、カヴァーシングル「Señorita」全世界で配信スタート…MVも公開へ

KSTYLE |

韓国のクリエイティブプラットフォームAXISから誕生したR&BアーティストKATIEが、12月13日(金)より、先月リリースした「Talk」に続いて、2ヶ月連続となる新たなカヴァーシングル「Señorita」をリリースした。また合わせて、YouTube上で同カヴァーのミュージックビデオも公開された。

2019年6月にリリースされ全米チャート首位を獲得した、ショーン・メンデス&カミラ・カベロのコラボ曲「Señorita」をカヴァーした本作も、前作の「Talk」に続き、今年5月にリリースしたファーストEP「LOG」のイメージを踏襲したユニークなサウンドアレンジが施され、単なるカヴァー楽曲ではなく、原曲の良さを活かしながらも新たな魅力を感じさせる仕上がり。心地良く夢幻的なメロディーラインと、KATIEの儚くメロウな歌声が美しく重なり合い、陶酔感に誘われる楽曲となっている。

今回のカヴァー楽曲は前作同様、USの新生メディアプラットフォーム”PRISM INVADERS"とのタッグにより実現。アジア人としては最初のアーティストにKATIEを選定して2020年までKATIEの多様なコンテンツを披露していく予定。

12月13日(金)より、全世界の音楽サービスで配信がスタート。KATIEは今後も、カヴァーシリーズとして次々と楽曲をリリースしていく予定だ。今後の展開に目が離せない。



■リリース情報
「Señorita」
2019年12月13日リリース
配信リンク:https://katie.ffm.to/senorita

■関連リンク
AXIS WEB:https://www.axisccp.com

記者 : Kstyle編集部