ムン・ソリ「今年の女性映画人賞」で特別賞を受賞…権益と待遇改善を率いた功績

TVREPORT |

写真=C-JeSエンターテインメント
女優ムン・ソリが「今年の女性映画人賞」特別賞を受賞する。

女性映画人の会は「ムン・ソリは女性映画人の会初期からイベントや韓国映画性平等センター・ドゥンドゥン発足を含む様々な活動に参加し、力になった。女性映画人の権益、待遇に関する声を出すことにも率先していた。女性映画人祝祭20周年を迎えてその功労に深く感謝し、特別賞を授与する」と明かした。

ムン・ソリはハードなスケジュールの中でも「2019 女性映画人祝祭」授賞式の司会を快く受け入れ、女性映画人としての愛情を見せた。授賞式で温かく余裕ある司会者として活躍する予定だ。

「今年の女性映画人賞」の受賞者は、功労賞に女優ユン・ジョンヒ、今年の女性映画人賞に「EXIT」「娑婆訶(サバハ)」を制作した外柔内剛のカン・ヘジョン代表、制作者賞に「パラサイト 半地下の家族」のクァク・シネ代表、監督賞に「ハチドリ」のキム・ボラ監督、脚本賞に「誕生日」のイ・ジョンオン監督が選定された。

演技賞は「82年生まれ、キム・ジヨン」のチョン・ユミ、新人演技賞は「EXIT」の少女時代 ユナ、ドキュメンタリー賞は「伊丹潤の海」のチョン・ダウン監督、技術賞は「マギー」のキム・ヒジン美術監督、広報マーケティング賞は「僕の特別な兄弟」のDelightが受賞する。

「2019 女性映画人祝祭」の「今年の女性映画人賞」授賞式は、16日午後6時にCINECUBE光化門(クァンファムン)で開催される。

記者 : キム・スジョン