CIX、コミカルダンスからゲームまで…「週刊アイドル」で5人5色の魅力をアピール

OSEN |

写真=MBC every1「週刊アイドル」キャプチャー
CIXが多彩な魅力を披露した。

CIXは、韓国で11日に放送されたMBC every1「週刊アイドル」にゲストとして出演した。

同日CIXは、新曲「Numb」のステージを披露し、パワフルなパフォーマンスと強烈な魅力を見せた。続けてBXは、以前番組の中で見せたか弱い姿により「ピヤッゴン(ひよこの鳴き声+ゴン(恐竜))」というニックネームから抜け出し、優れた射撃の実力で「オフンゴン(虎の鳴き声+ゴン)」の誕生を知らせた。

スンフンは優しい姿で「キムジャサン(優しい)」と呼ばれるだけに、その場でメンバーたちの話を聞いてあげるなど、持ち前のスウィートな魅力をアピールした。また彼はファンクラブFIXのためパク・ヒョシンの「夢の華」を熱唱し、聞く人の耳を魅了するステージを披露した。

ヨンヒは修学能力試験(日本のセンター試験)の問題をその場で解き、CIXの“公式ブレーン”になった。続けて、ヨンヒはMCたちとティッシュペーパー、イヤホン、風呂敷ほどきゲームなどをして笑いを誘った。

「チキンのCMを撮りたい」と語ったベ・ジニョンは、風邪薬から飲料水など有名なCMを真似して“準備ができたCMスター”の姿を見せた。それと同時に、その場でSISTARの「TOUCH MY BODY」とEXOの「Dancing King」をコミカルバージョンでカバーし、MCから称賛された。

ヒョンソクは兄たちが公式に認めた「オウム」として多彩なトークで可愛さをアピールした。それからその場で横になって兄たちのASMRを聞きながら問題に答えたりした。

オニオンリング積み上げゲーム、団体縄跳びなどの団体ゲームで、CIXは並外れた団結力を見せ、固い友情を誇った。特にCIXの多彩な魅力と優れたタレント性が際立った。

記者 : シム・オンギョン