コン・ユ、防弾少年団を大絶賛!生まれ変わったら歌手に?「彼らは本当にすごい…僕も歌いたい」

OSEN |

写真=SBS「イ・ドンウクはトークがしたくて」放送画面キャプチャー
俳優コン・ユが防弾少年団を絶賛した。

11日に韓国で放送されたSBSバラエティ番組「イ・ドンウクのトークがしたくて」で、ホストのイ・ドンウクとゲストのコン・ユが一緒に旅行をしてトークを繰り広げた。

まずはコン・ユのおすすめの映画について。コン・ユは、「好きな俳優は、映画『ジョーカー』のホアキン・フェニックスだ。彼の出演した『her/世界でひとつの彼女』、そして『ムーンライト』も好きだ。疎外された人々の話に関心がある」と話した。また、映画「グラン・トリノ」も好きだとし、「彼みたいにカッコよく年を取りたい」という希望を伝えた。

コン・ユは、「ホラー映画は苦手だ。一人では絶対に見れない。『新感染 ファイナルエクスプレス』の演技をする時、扮装も本当にリアルだった。扮装していたが、撮影するたびに全力を尽くして走った。血まみれになって隣に来て名前を呼ばれたら、本当に怖かった」とエピソードを伝えた。

写真=OSEN DB
また、海外ではおなじみのゾンビ映画について「海外で認められたとき、韓国映画の存在感が変わったと感じる。韓国の俳優であることが誇らしかった。ジャンルは異なるけど、防弾少年団は本当にものすごいことをしている。国をPRしている。それはただ1つ文化を持ってこそできることだ。音楽がなかったら、世の中は索漠としたものだったと思う」とし、防弾少年団を称賛した。

コン・ユは、「生まれ変わったらミュージシャン、シンガーソングライターになりたい」と話して目を引いた。コン・ユは、「(生まれ変わったら)自分の話を語るミュージシャンとして生きてみたい」とし、バラードジャンルが好きだと語った。

コン・ユ、CMに出演したビールが大ヒット!?絶大なブランドパワーをアピール「僕のおかげで1秒に10本も売れた」

コン・ユ、完璧な自己管理と演技への情熱をアピール「運動はした分だけ返ってくるから好きだ」

記者 : キム・スヒョン