イ・ソンミン出演、映画「MR.ZOO」韓国で1月の公開が確定…ユニーク&斬新なストーリーに期待

TVREPORT |

写真=リトル・ビッグ・ピクチャーズ
映画「MR.ZOO」が、韓国で来年1月の公開を確定した。

「MR.ZOO」は国家情報局のエース要員のテジュが突然の事故によって、あらゆる動物の言葉が聞こえるようになることで繰り広げられる事件を描いた映画。ある日、いきなり動物の声が聞こえるようになるという奇抜な発想を元に動物とコミュニケーションしながら都心の中で過去最高クラスのチームプレーを繰り広げるという斬新なストーリーを組み合わせた作品だ。

イ・ソンミンがある日突然、動物と会話が出来る能力を持った国家情報局のエース要員“チュ・テジュ”に扮し、演技人生20年ぶりに初めてイヌとパートナーになり、コミカルな演技の頂点を極める。

キム・ソヒョンはカリスマ性と間抜けな一面を同時に見せる“ミン局長”役でコミカルな演技で再び人生キャラクターを披露する見込みだ。ペ・ジョンナムは情熱いっぱいの要員“マンシク”に扮し、一層アップグレードしたコミックな熱演で笑いを届けるだろう。

“チュ・テジュ”の頼れるコンビで軍犬“アリ”の声は、ジャンルを問わず幻想的な演技を披露する俳優シン・ハギュンが担当し、人生初の声の熱演を披露するとあって、関心を高めている。

記者 : キム・スジョン