キム・ジス、新ドラマ「365:運命をさかのぼる1年」出演決定…精神科医に変身

Newsen |

写真=NAMOO ACTORS
MBC新ドラマ「365:運命をさかのぼる1年」が、女優キム・ジスのキャスティングを確定した。

来年に韓国で放送予定のMBC新ドラマ「365:運命をさかのぼる1年」(脚本:イ・ソユン、演出:キム・ギョンヒ)側は本日(11日)、イ・ジュニョクとナム・ジヒョンに続き、キム・ジスまで出演を確定したと明らかにした。

「365:運命をさかのぼる1年」は、“1年前の過去でお目にかかります”完璧な人生を夢見て、1年前に戻った瞬間、ますます分からない運命に閉じ込められてしまった者たちのミステリアスなサバイバルゲームを描いたドラマだ。今回の作品でキム・ジスは、権威ある精神科専門医のイ・シン役を務める。劇中でイ・シンはベールに包まれている人物で、誰も彼女の本当の正体については知らない。

キム・ジスは「365」を通じて、もう一度イメージチェンジを図る。これまでドラマと映画など、ジャンルを問わず素晴らしい演技力をもとに、作品ごとに特別な存在感を表してきた彼女だっただけに、今回の作品でどんな魅力をアピールするか関心が集まっている。何よりも特有の雰囲気とカリスマ性を持つキム・ジスは、劇中でミステリアスな魅力のイ・シンキャラクターに出会って、完璧なシンクロ率を誇るものと期待される。

「365」の制作陣は「女優キム・ジスではない、イ・シンのキャラクターは想像できないほどだ。『365』を通じてキム・ジスの新しい魅力と共に、代替不可能な存在感を確認することができるだろう」とし、彼女に対する特別な信頼を表すと同時に「完成度の高い作品が出てくると確信している。今後も多くの期待と関心をお願いしたい」と伝えた。

記者 : イ・ミンジ