ティファニー、少女時代メンバーとしてデビューからソロ活動までの過程を公開

MYDAILY |

写真=MBC
少女時代出身の歌手ティファニーがソロ活動のために努力している姿が公開される。

2007年、デビューと同時にガールズグループブームを巻き起こし、国民の愛を独占した少女時代。発売するアルバムごとに1位を記録して、音楽はもちろん、ダンスとコンセプトまで絶大なる人気を受けた。言葉通りに少女たちの時代が訪れた少女時代ブーム、その中心にはリードボーカルであるティファニーの存在があった。

魅力的な微笑みと優雅な美貌で厚いファンダム(特定ファンの集まり)を確保したティファニーは、アメリカ・サンフランシスコ出身の在米韓国人だ。ティファニーは子供時代、コリアンタウンで先輩歌手BoAのステージを見て歌手になりたいという夢を育て始めた。15歳の幼い年に家族の反対があったにも関わらず、韓国に向かっただけに、K-POPは彼女にとってとても魅力的だった。

歌手になるという一身で韓国に来たが、韓国生活は大変だった。学業と練習生生活を両立し、生活費を稼ぐために個人レッスンもした。辛い瞬間が訪れるたびにティファニーは、音楽に対する愛情で情熱を保ってきた。ティファニーが自分自身を厳しく訓練させた3年の時間は、アメリカ少女ステファニーを少女時代のティファニーに作り上げる辛い過程だった。

デビュー10周年、ティファニーは15歳で離れた実家に帰ってきた。10年間のガールズグループ生活は、自身だけの考えと感情を表すことが難しい時間だった。その生活を脱して率直な自身を表現するため、ティファニーは心理相談を受けた。寂しいティファニーに力になってくれたのは少女時代のメンバーたちだった。韓国で一緒に宿所生活をしながら家族のように過ごしてきたメンバーたちは、いつもどこでも応援してくれた。

幼少時代に母親を失い、夢を叶えるために家族を離れて韓国に来たティファニーにとって音楽は、一番大きな力だった。グループ活動、ユニット活動、ソロ活動を通じて幅広い音楽スペクトルを誇示したティファニーの挑戦は、12月10日の午後8時55分に韓国で放送される「人がいい」で確認することができる。

記者 : チョン・ジヒョン