アン・ジェホン、映画「傷つけない」でコーラを飲むホッキョクグマに変身!?奇想天外な職業とは

TVREPORT |

写真=エースメーカームービーワークス
俳優アン・ジェホンが映画「傷つけない」を通してコーラを飲むホッキョクグマに変身する。

「傷つけない」は倒産寸前の動物園「トンサンパーク」に園長として赴任した野心的な弁護士テス(アン・ジェホン)と、売り出された動物の代わりに動物として勤務することになった従業員たちの奇想天外なミッションを描いた物語だ。

大型法律事務所の生計型収拾弁護士で、あらゆることで無視され、しまいには“動物のいない動物園”の新しい園長の座まで押し付けられたテスの状況は厳しさそのもの。

氷点下40度の寒さと、時速120㎞の強風も耐え抜くホッキョクグマのように優れた生存力を持つ彼は、諦めずにトンサンパークを助けるための大胆な挑戦に乗り出し、彼の提案によってトンサンパークのスタッフたちは、売却された動物に扮する奇想天外な偽装勤務に入る。

生計型収拾弁護士から、トンサンパークの野心満々な新しい園長、コーラを飲むホッキョクグマまでなんと1日3職、極限職業に挑戦したテスの奮闘は、極限の状況でも愉快さを失わない姿を通してこの時代を生きる会社員たちに深い共感を引き出す。

映画「傷つけない」は韓国で1月15日に公開される。

記者 : キム・スジョン