【REPORT】N.Flying、日本ライブ6年目でたどりついた初のホールライブで笑顔満開「80歳までいい曲作る!」

KSTYLE |

4人組ロックバンドN.Flyingが、東京・大阪で初のホールライブ「N.Flying 2019 1st Hall Live in Japan」を開催した。ソールドアウトとなった東京公演2日目は、満員の会場の鳴りやまない声に急きょのダブルアンコールに応え、来年のさらなる飛躍を誓った。

11月にリリースされた両A面シングル「Doll/Kick-Ass」のジャケットに使われた、N.Flyingの勢いをイメージした渦巻きの絵が後方の壁面いっぱいに描かれ、シンプルながらカラフルな印象のステージに、イ・スンヒョプ(ボーカル&ラップ)、チャ・フン(ギター)、キム・ジェヒョン(ドラム)、ユ・フェスン(ボーカル)のN.Flyingメンバーが登場。前回のツアーではFTISLANDのイ・ジェジンがゲストベーシストとして加わったが、今回は事務所の後輩、元HONEYSTのソ・ドンソンがサポートとして参加。ここでは、東京公演2日目となる11月29日の東京・中野サンプラザホールの模様をレポートする。

ボーカルのスンヒョプが「What's Up Tokyo! Make Some Noise!」と勢いをつけると最新シングル曲「Kick-Ass」で幕開け。リズムに合わせてジャンプしながら客席のファンを煽ると、ハイトーンのフェスン、中低音のスンヒョプというツインボーカールは時にセンターで向き合いながら息を合わせ、ときに美しいハーモニーを響かせ、テンションが上がる曲を「Hot Potato」までイッキに4曲プレイ。

「わおー、すごい景色です!」と満員の客席を眺めて感動の声をあげるスンヒョプ。フンも「皆さんの熱量、スゴイですね。「Kick-Ass」はライブ初披露でどうなるかと思っていましたが、皆さんが完全に優勝です!」と笑顔を見せる。「約半年ぶりのライブ。全力で走ってまた日本に帰って来ることができました。初めてのホールライブです。たくさんの新曲を仕込んできました。全部ぶっ放していきます!」とスンヒョプが勢いをつけてポップチューン「Sunset」に突入。この言葉通り、今回のライブは3年ぶりの日本シングル「Doll/Kick-Ass」はもちろん、10月15日にリリースされた韓国6thミニアルバム「YAHO」からの曲と、日本初プレイとなる曲を中心にダブルアンコール含めて23曲を披露した。

K-POPグループは、日本では韓国でのヒット曲の日本語バージョンで活動することが多いが、N.Flyingは、韓国と日本で異なる楽曲をリリースしている。今年、韓国の音楽番組や音源チャートで1位に輝いた大ヒット曲「Rooftop」もリード曲ではなく、あくまでアルバムの収録曲の1曲として日本語バージョンを制作している。「Rooftop」のヒットで韓国はもとより、海外公演も増えて忙しい中、日本でオリジナル曲を別に作るのは、「僕たちはバンドだし、先輩であるFTISLANDもCNBLUEもそうやってビッグになっていった。そこはしっかりとマネしていきたい(フン)」という気持ちからで、「日本語の歌詞も大丈夫。たくさん歌えて幸せ。猪突猛進でガンバる!」とフェスンが勢いづく。

韓国最新活動曲「GOOD BAM」も本ライブが日本初披露となったが、スンヒョプの「Clap!」という掛け声で客席がリズムを生み出し、サビではシングアロングが発生。ホールになってもバンドとファンの距離は変わらず一体だ。「ホールで歌うってサイコー!アンビエンスが気持ちいいです」とニコニコしながらフェスンが言うと、「ホールでワンマンなんて、数年前に低空飛行していた僕らには考えられなかった。でもどんなに苦しいときでも日本でライブ活動をしてきた。ここまで来れたのは皆さんのおかげです」とフンがファンに感謝を伝える。「5月にリリースした日本1stアルバム『BROTHERHOOD』は、タワーレコードK-POPチャートで1位に。11月に放送された韓国のボーカルバトル番組『不朽の名曲』で、フェスンがソロで、N.Flyingがグループとして、どちらも優勝を飾りました! 僕たち、本気で武道館を目指しているんだから、どんどんアピールしないと!」とジェヒョンが言うと、「僕たちが結果を出せたのは、先輩たちが道を切り開いてくれたおかげと、日本のライブの経験があるから。これからも一歩一歩昇って行きたい」とスンヒョプも意気込んだ。

これまでのライブでもアニメメドレーやQUEEN、マイケル・ジャクソンなど意外な選曲のカバー曲を披露してきたN.Flyingだが、今回彼らがカバーコーナーで選んだのは、King Gnuの「白日」。同じツインボーカルのバンドというのは、ピッタリなセレクトだ。どんなカラーの曲もN.Flying流にしてしまうこのコーナーは、ファンも楽しみにしているコーナー。そこから大ヒット曲「Rooftop -Japanese ver.-」になだれ込み、「Fall With you」では、会場と一体となったWOW,WOWという大合唱で盛り上がった。

「やっぱり日本のライブの盛り上がりはスゴイ! 今年は海外ツアーでも貴重なライブをたくさんできた。バンドとして成長できた1年でした。来年はもっとライブがしたい。先輩たちのオープニングアクトをしたZeppでツアーもしたい!」(スンヒョプ)、「今年はいろいろな国のファンに会えた。来年ももっとたくさんのファンに会って、もっといい曲を届けたい」(フン)、「今年の目標は、健康で元気で、いい曲を届けることだったけど、全部叶いました。来年はもっと元気でもっとカッコいいステージができるように頑張ります!」(フェスン)、「来年は皆さんの背中を押せるようなバンドになりたい」(ジェヒョン)と2020年の抱負を述べると、「まだまだ今年は終わってない! 12月には『FNC KINGDOM』で僕たちが踊っちゃったりするかも!」とフン。そして「僕は、ソロでも歌っちゃいます!」とフェスン。スンヒョプは「N.Flyingとしてはジェジン先輩のサポートもするし、スペシャルステージも用意しています」と「FNC KINGDOM」への期待を高めた。

また、スンヒョプから「来年2月には、初のファンミーティングを開催します!」という嬉しいお知らせが発表されると、「近くで会えるからドキドキする。今日からスキンケア頑張りますね」とフェスンが言って笑わせた。

「The World Is Mine」からは、会場全体が一体となってラストの新曲「Doll」までイッキになだれ込む。アンコールではハッピームードの「Pardon」から会場から大きなN.Flyingコールが上がる「HOW R U TODAY」までを披露。

「いつも日本で思うのが、“僕たちはここまで愛されていいの?”ってこと。とっても幸せです! その分お返ししなきゃって良いプレッシャーになっています。皆さんの愛をたっぷり食べて、もっと成長します」(フン)、「N.Flyingの2019年はキラキラした1年でした。この一瞬は、一生の思い出になります。これからも1分1秒を大切にして皆さんのそばでドラムをたたきたいです」(ジェヒョン)、「これから先も、今のこの気持ちを忘れずに頑張ります。心をこめて、“愛していまーす!”」(フェスン)、「これからもすべてのエネルギーをステージに注ぎます。僕たちは80歳までバンドとしていい曲を聴かせます! これからのN.Flyingも期待してください!」と抱負を語ったが、ライブが終わったあとも再びアンコールの声が止まず。急きょステージ上でメンバーたちが集まり相談し、「皆さんが作ってくれたダブルアンコールです!」と笑顔でジャンプしながら再びオープニングを飾った「Kick-Ass」を披露してライブを締めくくった。

日本初ライブは、2013年のshibuya CYCLONE。そこから6年かけて、ホールまでたどり着いた。2019年は、韓国で異例の大ヒット「Rooftop」を生み出し、日本でも1stアルバム「BROTHERHOOD」をリリースしたN.Flying。FTISLAND、CNBLUEという憧れの先輩の背中を追って武道館を夢見る彼らは、着実に進化を遂げている。ライブを経るごとに夢の実現が一歩一歩近づいているのを実感する。

取材・文/坂本ゆかり

【公演概要】
「N.Flying 2019 1st Hall Live in Japan」
<会場・公演日>
・東京・中野サンプラザホール
2019年11月29日(金) 17:30開場/18:30開演

■公演情報
「N.Flying1st Fanmeeting2020in Japan~Oh Yeah!~」
公演日時:2020年2月13日(木)
会場:<東京>中野サンプラザホール
昼公演:14:15開場、15:00開演
夜公演:18:15開場、19:00開演

<チケット料金>
・FNCオフィシャル最速先行受付:全席指定9,500円(税込)
・一般販売:全席指定10,000円(税込)

<チケット販売>
FNCオフィシャル最速先行
【申込み受付期間】2019年11月27日(水)18:00~12月24日(火)23:59
※チケットの詳細はオフィシャルHPをご覧ください。

N.Flying出演/FNC所属アーティスト総出演のファミリーコンサート
「2019FNC KINGDOM-WINTER FOREST CAMP-」

公演日時:2019年12月21日(土)-22日(日)2Days開催
両日15:00開場/16:00開演
会場:幕張メッセ国際展示場9-10Hall

参加アーティスト:FTISLAND 、ジョン・ヨンファ(from CNBLUE)、AOA、N.Flying、SF9、Cherry Bullet
※詳細は公式HPをご確認ください。

■リリースイベント情報
両A面シングル「Doll/Kick-Ass」リリースイベント
<関西エリア>
日程:2019年12月7日(土)
会場:大阪府T・Bホール

<関東エリア>
日程:2019年12月8日(日)
会場:東京都タワーレコード渋谷店

各CDにランダムで封入されているイベント参加券で以下のイベントに参加できます。
「メンバー全員との撮影会」「メンバー全員とのサイン会」「各メンバーとの個別握手会」

プレゼント応募券:各CDにランダムで封入されている3種の<プレゼント応募券>にて、ご応募いただいた方の中から抽選でメンバー直筆サイン入りチェキほか、合計300名様にスペシャルグッズプレゼント。

■関連サイト
N.FlyingオフィシャルHP:http://nflying-official.jp/

記者 : Kstyle編集部