【Kstyle独占】「PRODUCE 101 JAPAN」第3回国民投票発表に潜入!オンエアでは見られなかった練習生の姿を徹底レポート

KSTYLE | |PR

(C)LAPONE ENTERTAINMENT

日本の過去最大級の番組制作規模となるサバイバルオーディション番組「PRODUCE 101 JAPAN」も、いよいよファイナルステージ間近。ポジションバトル、グループバトル、そしてコンセプトバトルを終え、101人から35人にしぼられた練習生たちが、日本国民(国民プロデューサー)の投票によってさらに20人に選抜される「第3回順位発表会」の様子が、第11回(12月5日配信)で配信された。

ファイナルステージへと進む20人が選出されるとあって、現場は収録前からピリピリムード。そんな練習生たちの生の姿をリポートする。最終回の12月11日(水)には、最後の11人が国民プロデューサーの投票によって選出。グローバルで活躍するボーイズグループとして2020年にデビュー予定だ。

1位~10位 練習生のコメント
11位~20位 練習生のコメント
20位~34位 練習生のコメント
デビュー曲評価の発表

おなじみのピラミッド型のセットは、20位までにランクインした練習生たちが着席できる6段組みの仕様に。その向かいには待機席が設けられており、最初のレベル分けテスト時のグループに分かれて、練習生たちがスタジオ入りし、キャッチフレーズや一言ギャグ、一発芸など、それぞれが自由に自己紹介しながら着席していく。

(C)LAPONE ENTERTAINMENT
(C)LAPONE ENTERTAINMENT
(C)LAPONE ENTERTAINMENT
和やかな雰囲気で、楽しそうにスタジオ入りしてくる練習生たち。着席後もいつもどおりにおしゃべりをしながら、国民プロデューサー代表・ナインティナインのふたりの入場を待っているように見えたが、ときおり険しい表情、不安げな表情を見せる練習生もおり、緊張感が伝わってくる。

(C)LAPONE ENTERTAINMENT
隣や上下にいる者同士でおしゃべりしてリラックスする面々がいる一方で、スタジオに入った瞬間から張り詰めた雰囲気をまとう練習生、うつむき加減の練習生もちらほら。

(C)LAPONE ENTERTAINMENT
(C)LAPONE ENTERTAINMENT
順位発表をする国民プロデューサー代表・ナインティナインがスタジオ入りすると、一気に緊迫した雰囲気に。練習生たちの表情もより引き締まる。そしてついに、順位発表がスタート!

19位から12位まではそれぞれ4人ずつ、11位から5位まではひとりずつ登壇してステージでコメントしていく。つづいて1位候補の4名がスクリーンに映し出され、4位、3位を発表。さらに1位候補の2名がステージに上がって順位が発表されて、34位から22位の練習生が明らかとなり、最後に20位と21位を発表する……というところまでをノンストップで収録していた。つまり本編は、ほぼ編集なしでそのまま配信されているということだ。

いろんな思いがこみ上げて泣き出す者、手を組んで祈る者、まっすぐと前を見据え、自信に満ちた表情で発表を待つ者、諦めのような表情を浮かべている者……。発表が進んでいくにつれて、練習生たちの表情や挙動が様々に変わっていくのがとても印象的だった。ここではそれぞれが名前が呼ばれるまでの様子と、順位発表後のコメントをご紹介しよう。


◆1位~10位


【1位】川尻 蓮(1↑)
(C)LAPONE ENTERTAINMENT
最前列で、最後までしっかりと前を見据えて発表を待っていた姿が印象的だった。

「1日2票という貴重な投票回数の中で、僕に投票してくださった皆さん、本当にありがとうございます。それと、番組も終盤になって20人は最後の評価に進みます。みんなやっぱりそれなりに覚悟は強いと思います。第1回、第2回の順位発表で脱落しちゃった子や、事情があって辞退してしまった練習生、みんなの気持ちを背負って、『PRODUCE 101 JAPAN』最後のステージになると思うので、全力で取り組みます。見守っていてください。ありがとうございます」

【2位】豆原 一成(2↑)
(C)LAPONE ENTERTAINMENT
1位が発表された瞬間に川尻に拍手を送りつつも、とても悔しそうな表情を浮かべていた。佐藤隆士ら、脱落してしまった高校生メンバーのコメントを聞いて自分のことのように悔しがり、号泣していた姿が忘れられない。

「2位になったことはすごく悔しいです。でも、皆さんが僕に票を入れてくださり、大きなステージに立てるということはすごく嬉しいです。
僕はひとりで『PRODUCE 101 JAPAN』人の中に入ってきましたが、国民プロデューサーの皆さんの応援や、練習生のみんながサポートしてくれて、本当にいろんなことを教えてもらいました。僕がいつも支えてもらっていた高校生の練習生のみんなが、今こちら側にいないのがすごく悔しいですけど……。これまで脱落してしまった練習生の分まで自分のパフォーマンスをがんばりますので、これからも応援よろしくお願いします」

【3位】鶴房 汐恩(−)
(C)LAPONE ENTERTAINMENT
スタジオに入ってきた瞬間から自信に溢れた表情を浮かべ、強い眼差しで前を見ていた鶴房。自分の発表のときはクールだったが、“親友”の北川玲叶の脱落が決定したときは堪えていたものが溢れ出し、静かに涙していた。

「最初の放送から順位がずっと上がっていて嬉しいです。本当にありがとうございます。3位にいるのも、家族や、応援してくださる国民プロデューサーの皆さんのおかげだと思っています。ファイナルでは、最初に座った1位の椅子に座れるようにがんばります」

【4位】白岩 瑠姫(9↑)
(C)LAPONE ENTERTAINMENT
終始落ち着いているように見えた白岩だが、何度か靴紐を結び直していた。もしかしたら自分を落ち着かせるためだったのかもしれない。

「今までいろんな経験をしてきて、その中でいろんな思いがあって、だけど今まで叶えられなかった夢もあって……。その夢を叶えて、早く自分のまわりの人に恩返ししたいとずっと思っています。だから自分は、『PRODUCE 101 JAPAN』 でデビューしたいです! 最後までがんばるので、見届けてくれたら嬉しいです」

【5位】チョン・ヨンフン(2↑)
(C)LAPONE ENTERTAINMENT
「残れなかった練習生の分まで一生懸命がんばって、最終のステージではいい姿を見せたいです。これまで一緒にがんばってきた練習生たちのことを忘れません。どうもありがとうございました」

※なお、5日GYAO!配信内で、チョン・ヨンフンの辞退が発表された。

【6位】川西 拓実(5↓)
(C)LAPONE ENTERTAINMENT
名前が呼ばれていく仲間を祝福し、静かに“そのとき”を待っていた川西。ステージに登壇すると思いが溢れ出し、涙で言葉がつまる場面もあった。

「心強いメンバーと皆さんに支えていただいていることを感謝します。順位を落としてしまって、本当にごめんなさい……。ラストのステージで恥ずかしい姿をお見せしないようにもっと努力して、カッコいい姿でステージに立ちたいです」

【7位】安藤 誠明(3↑)
(C)LAPONE ENTERTAINMENT
選ばれていく練習生たちのコメントに真剣に耳を傾け、それぞれの言葉を噛みしめるように深くうなずいていた安藤。同じシックスパックスのメンバーが選ばれると自分のことのように喜び、「よかったぁー……」と安堵の声をもらしていたのがとても印象的だった。

「前の順位発表時に、『絶対に成長してみせる』と言いました。これからも必ず、僕は一生努力を惜しまないし、一生成長していきます。個人的な話ですが、12月11日……ファイナルステージ本番の日は、僕の最愛のおばあちゃんの命日です。最高のエンターテインメントをお届けして皆さんを笑顔にすることで、大好きだったおばあちゃんも喜んでくれると思うので、これからも応援よろしくお願いします」

【8位】上原 潤(4↑)
(C)LAPONE ENTERTAINMENT
名前が呼ばれると遠くに座っていた練習生も上原に駆け寄り、ハグ。みんなから信頼されている証なのだろう。みんなのアニキ的存在である本田が一際大きな拍手を送っていたのも印象深かった。

「順位が伸び悩んでいるときがあったのですが、デビュー圏内に入ることができてすごく嬉しいです。これも全部応援してくださった国民プロデューサーの皆さんのおかげなので、これからも自分らしくがんばりたいです。僕がここまでがんばれた理由のひとつは、優しく支えてくれたヒチョンくんがいたことです。彼のためにも僕は絶対に諦めずにがんばりたいです。もう少しだけ僕に力を貸してください。よろしくお願いします」

【9位】キム・ユンドン(3↓)
(C)LAPONE ENTERTAINMENT
同じ韓国出身で切磋琢磨してきたヨンフンと、大きなハグ。コンセプトバトルで同じ「DOMINO」チームだった川尻が、心から彼を祝福しているように見えた。

「今までこんな話はしたことがありませんでしたが、実は感謝している人がいます。ヨンフンくんとヒチョンくんです。とても頼りになって、僕がここまで来られたのはふたりのおかげです。最近つらいことが多かったけど、ファイナルに残ることができたから、練習に集中して皆さんにいい姿を見せたいと思います」

※なお、5日GYAO!配信内で、キム・ユンドンの辞退が発表された。

【10位】木全 翔也(4↑)
(C)LAPONE ENTERTAINMENT
ずっと不安そうな表情を浮かべていた木全。「DOMINO」チームから弾かれ、同じ屈辱を味わった大平の名前が11位で呼ばれたときには自分のことのように泣きながら喜んでいた。大平のほうも木全が選ばれたときには嬉し泣き。強い絆が感じられた。

「番組が始まったばかりのころは本当に自信がなかったのですが、応援してくださる方がたくさんいて、自信を持てるようになりました。これからも応援よろしくお願いします!」


◆11位~20位


【11位】大平 祥生(−)
(C)LAPONE ENTERTAINMENT
コンセプトバトルでは誰よりも悔しい思いをしたはずの大平。彼の名前が呼ばれたとき、同じチームで評価に挑んだ今西、宮島らが、泣きながら喜んでいる姿には胸を打たれた。

「僕を信じてくださって、本当にありがとうございます。僕は『DOMINO』チームから外され、『クンチキタ』チームからも外されて本当に悔しくて……。でもあのとき悔しさを味わったから、本当にデビューへの思いが強くなりました。改めて、国民プロデューサーの皆さん、スタッフの皆さん、そして練習生みんなに感謝してがんばりたいと思います」

【12位】與那城 奨(5↑)
(C)LAPONE ENTERTAINMENT
収録中は毅然とふるまい、喜びを表現していた與那城。しかし、収録後にはしゃがみこんで嗚咽をもらし、しばらく涙を止められずにいた。

「最後まで残っていたいので、もう少しだけ僕に力を貸してください。お願いします。『Black Out』チームで一緒にがんばってきたヒチョンさんの分もしっかりがんばりたいと思います」

【13位】河野 純喜(4↓)
(C)LAPONE ENTERTAINMENT
彼の名前が呼ばれたとき、「DOMINO」チームで一緒がんばったヨンフン、ユンドンがまっさきに駆け寄っていき、河野と熱い握手を交わしていた。彼の目、言葉から、「デビューしたい」という、誰よりも強い思いが感じられた。

「さっきお父さんから電話があって、『自分を信じてがんばれよ』と言ってもらいました。友だちも応援してくれるし、僕はいろんな人に支えられているんだなぁと感じます。国民プロデューサーの皆さん、家族、友だち……みんなのおかげでここに残れていると思います。応援してくださる皆さんを幸せにしたいので、絶対に最高のステージを見せて、絶対にデビューします!」

【14位】井上 港人(16↑)
(C)LAPONE ENTERTAINMENT
「この現状に、俺はまだまだ満足してない」という、熱い闘志にみなぎっていた井上。だが、悩みを相談されていた佐藤來良が21位で脱落が確定した瞬間、泣き崩れて立ち上がれなくなってしまった。最後の挨拶でも、隣の河野に支えられて立っているのがやっとの状態だった。

「皆さまの応援や投票のおかげで、この場所にいさせていただいているのですが、10万票のベネフィットがなかったら脱落していると思うと悔しいです。デビューを絶対につかむので、応援よろしくお願いします!」

【15位】佐藤 景瑚(1↑)
(C)LAPONE ENTERTAINMENT
好評だった「クンチキタんぽぽ~」の挨拶でスタジオ内を和ませるも、順位はシビア。「後がない」という不安が表情からも垣間見えたが、その逆境をバネにがんばってほしい。

「一度もデビュー圏内に入ったことがなくて、正直不安です。絶対にデビューして応援してくれるみんなを幸せにしたいので、僕らをトップに連れて行ってください。応援よろしくお願いします」

【16位】金城 碧海(9↑)
(C)LAPONE ENTERTAINMENT
16位で名前が呼ばれた瞬間、後ろから安藤に抱きつかれて笑顔を浮かべていたが、ほぼずっと表情が硬かった金城。大幅ランクアップはしたものの、まだ安心はできない順位だ。

「こんな僕を応援してくれる国民プロデューサーの皆さん、本当にありがとうございます。番組がスタートして少しずつ僕に興味を持ってくださる方が増えて、本当にたくさんの方々に期待していただいているんだなぁと実感しています。その期待を、僕は絶対に裏切りません。信じてください」

【17位】大澤 駿弥 (9↓)
(C)LAPONE ENTERTAINMENT
ムードメーカータイプの大澤は、張り詰めた空気の中でも表情豊かで場を和ませていた。大澤のコメント中、豆原がニコニコしていたのも印象的。脱落者がコメントしているときは、自分のことのようにうなずき、涙していた。

「今までたくさん練習してきたのですが、国民プロデューサーの皆さんの期待に応えきれず、裏切ってしまっていて……。自分らしさを見失ってしまっていたなぁと痛感したこともありました。本田(康祐)くんをはじめ、練習生のみんなに『もっと輝けるよ』と励ましてもらえたので、これから先、もっと自信を持ってがんばっていきます!」

【18位】本田 康祐(3↓)
(C)LAPONE ENTERTAINMENT
アニキ分らしく、どっしりと構えていた本田。コンセプトバトルのポジション決めで爭い、絆を深めた佐野の順位が発表されたときは険しい表情を浮かべ、涙を堪えているように見えた。

「国民プロデューサーの皆さんからの応援を、より身近に感じるようになってきています。最初は自分ひとりで追いかけてきた夢が、いつの間にかファンの皆さんと一緒に叶えたい夢に変わってきました。皆さんと一緒に世界に行きたいので、これからも応援よろしくお願いします!」

【19位】床波 志音(−)
(C)LAPONE ENTERTAINMENT
淡々と現状を受け入れ、すでに次のステージへと集中を高めていこうとしているかのように見えた床波。より成長した姿を期待したい。

「まだ実力がこの順位には伴っていないと思います。努力して、足りない部分を誰よりも練習して、自分を成長させることでこの順位に見合う人間になりたいと思います。これからまた気持ちをリセットしてがんばります」

【20位】今西 正彦(2↑)
(C)LAPONE ENTERTAINMENT
大平や浦野、佐藤隆士らに「大丈夫」と励まされながらも、冒頭から涙を流し、ずっと手を組んで祈っていた今西。最後の最後まで順位がわからず、不安で押しつぶされそうだったのか、20位に残ったことがわかったときは腰が抜けてしまったようだった。

「正直昨日の夜も不安でしたし、ぜんぜん眠れない日もあって……。でも支えてくれるみんながいてくれて、国民プロデューサーの皆さんがいてくれて、20位になれたと思っています。そんな皆さんの期待を裏切らないように、そして脱落してしまったみんなの分もがんばって、ファイナルは『HICOが一番キラキラ輝いていたよ』と言われてデビューできるようにがんばります」

(C)LAPONE ENTERTAINMENT
7742票の差で明暗がわかれた今西と佐藤。本編同様、20位と21位の順位発表が最も重い空気に包まれていた。

(C)LAPONE ENTERTAINMENT
(C)LAPONE ENTERTAINMENT
(C)LAPONE ENTERTAINMENT
「なんとか20位には入りたい……」そう一縷の望みをいだきながらも、残念ながら脱落してしまった練習生たち。これまで一緒に戦ってきた仲間たちの思いを聞き、選ばれた20人の練習生たちも涙が止まらない。


◆20位~34位


【21位】佐藤 來良(−)
(C)LAPONE ENTERTAINMENT
静かに悔しさを噛み殺していたが、こらえきれずに涙があふれる姿を見て、いたたまれなくなった。この悔しさをバネに、これからも努力を続けてほしい。

「どこかで20位になることを考えていたので、こうやって数字で見ると悔しいですね……。この番組が始まってからずっとデビューすることを考えてやってきたんですけど、途中から課題をただこなしているような自分がいて、自分の未来像がイメージできなくなったときもありました。そのこと自体が一番怖くて、すごく考えて、(井上)港人くんたちに相談したりもして……。でもこういう結果になって……。本当に出会えてよかった仲間たちなので、20人のみんなには心からがんばってほしいです」

※なお、5日GYAO!配信内で、キム・ユンドンとチョン・ヨンフンの辞退が発表され、21位だった佐藤來良が繰り上げで復活した。

【22位】宮島 優心(4↓)
(C)LAPONE ENTERTAINMENT
11位以降の発表時には少し諦めたような表情を浮かべていた宮島だが、34位から20位が発表される直前にはドキドキと不安を全身で表現。自分の順位をすぐに受け入れたように見えたが、コメントする際は気持ちが溢れ出た。

「僕がアイドルになりたいと思ったのは小学校6年生のときでした。韓国のアーティストのライブに連れて行ってもらって、『アイドルってかっこいいな』と思って、ライブに行きたいという気持ちが、いつしかステージに立ちたいという気持ちに変わり、もう少しでそれが実現できそうなところまで来られて本当に幸せでした。僕に優しくしてくれた皆さんには心から感謝しています。残った20人には、これから夢を追ってがんばってほしいです」

※なお、5日GYAO!配信内で、キム・ユンドンとチョン・ヨンフンの辞退が発表され、22位だった宮島優心が繰り上げで復活した。

【23位】佐野 文哉(11↑)
大躍進を遂げながらも、20位以内には入ることができなかった佐野。自信をくれた仲間や応援してくれた国民プロデューサーに「申し訳ない」と謝罪している姿に胸を打たれた。

「僕は『PRODUCE 101 JAPAN』で一度も1位になることができなくて……。初回の順位も94位で、それでもここまで連れてきてくださった国民プロデューサーの皆さんに感謝しています。一緒にがんばったみんなと一緒に舞台に上がれなくて、申し訳ないです……。僕にとってみんなはこれから先もライバルなので、いつかまたどこかで同じ舞台に立てるようにがんばります。ごめんなさい。ありがとうございました」

【24位】小松 倖真(7↑)
淡々とコメントしながらも、内に相当な悔しさを秘めている様子だった小松。自分の順位が発表された後、「大丈夫……」と言いながら隣の宮島の腿に手をおいて励ましている姿が美しかった。

「20人に入れなかったことはすごく残念ですが、残っている皆さんが今まで落ちてきたみんなの分まで一生懸命がんばってくれると思うので、応援しています。いつか同じステージに立てるようにがんばるので、またよろしくお願いします」

【25位】佐藤 隆士(8↑)
悔しい、悲しいという感情を一番表に出していたのは、彼だろう。涙と嗚咽で言葉がつまり、なかなかコメントが言えない様子はとても痛々しかった。収録後は仲間たちに囲まれ、長い時間元気づけてもらっていた。

「みんなと一緒に立ちたいステージがたくさんあったのに、今の僕ではまだ届かないんだなという悔しさがすごくあります。国民プロデューサーの皆さん、トレーナーの皆さんのおかげで前よりも少し自信を持つことができました。本当にありがとうございます。この番組での自分の道のりは終わってしまって、20人の方々を応援することしかできませんが、がんばってください」

【26位】北川 玲叶(3↓)
終始暗い表情でうつむきがちだった北川。きっと不安で押しつぶされそうになっていたに違いない。収録後は時間いっぱいまで鶴房とふたりきりで肩を組んで言葉を交わしていた。ふたりの絆は本物なのだろう。

「もともと僕は人と話すのが苦手で、今回この番組をとおしてたくさんの練習生の人たちと生活して、精神的に不安で大変なときもあったんですけど、支えてくれる人もいて……。僕はアイドルになりたいという夢があるので、これから絶対に諦めないで、ちがう形でその夢を叶えたいなと思います。これまで応援してくださった皆さん、本当にありがとうございました。楽しかったです」

【27位】磨田 寛大(1↓)
順位発表中はニコニコと笑顔を浮かべ、仲間たちを祝福していた磨田だが、20位までの発表の際は天に祈るように手を組んでいた。

「この番組に参加させていただいて、本当にたくさんのことを経験できてよかったです。夢に一歩を踏み出すことの大切さ、一生懸命努力することの楽しさやすばらしさなど、普通の生活を送っていただけではなかなか経験できないことをたくさんさせていただきました。今後の生活にもこの経験を活かせるようにがんばっていきたいです。ありがとうございました」

【28位】宮里 龍斗志(1↓)
落ち着いた様子で発表を待っていた宮里だが、いざ28位という順位が掲示されると、一気に表情を曇らせ、悔しさに満ちた目になっていたのが印象的。この悔しさを忘れず、次に活かしてほしい。

「今日まで応援してくれた国民プロデューサーの皆さん、支えてくれた練習生のみんながいて、幸せでした。本当はデビュー組に入ってもっと幸せになりたかったんですけど、それはもう、28位という結果が出ているので諦めるしかありません。20人の練習生たちは最後まで諦めずにがんばってください。今まで支えてくださったスタッフの皆さん、本当にどうもありがとうございます。これから自分が芸能界でお世話になるときは、迷惑をかけないように礼儀正しく成長します。そのときはよろしくお願いします」

【29位】青木 聖波(9↓)
不安げに、泣きそうな表情で発表を待っていた青木。大幅なランクダウンで本人も驚いた様子だった。

「今まではけっこうチャランポランなところがあった僕ですが、この番組に参加させていただいて精神的にも成長できたと思います。国民プロデューサーの方々ももちろん、今まで僕の名前すら知らなかった人たちが応援してくれているということを知って、本当に有り難いです。今回はデビューできなくて、アイドルという道では皆さまの前に立てないかもしれないですけど、これからどんなことにチャレンジして精一杯がんばるので、これからも応援よろしくお願いします!」

【30位】福地 正(2↑)
自分の順位を、静かに笑顔で受け入れていた福地。最後のコメントでもほんわかした天然ぶりを発揮していた。

「『PRODUCE 101 JAPAN』に参加できてとてもよかったし、身内から身内ではない人、血のつながっていない人にもたくさん応援していただいたことは、僕にとって誇らしいことでした。この番組は終わってしまうんですけど、僕はがんばります。今までありがとうございました」

【31位】男澤 直樹(7↓)
最後まで笑顔でいた男澤だが、コメントでは気持ちが溢れて涙する場面も。

「この番組をとおして、僕たちはたくさん努力してきました。自分が努力と考えているその倍以上努力しないといけないということをしっかりと胸に刻んで、20人の皆さんにはラストのステージをがんばってほしいと思います。僕たち、脱落した練習生たちも応援していますから、ラストステージを見たときに『やっぱり(20人は)すごいな』と思わせてほしいです。本当にありがとうございました」

【32位】中本 大賀(3↓)
悔しさをにじませつつも、これまで一緒にがんばってきた仲間たちに対しての敬意を忘れない姿が凛々しかった。

「ファイナルのステージに立てないのは、正直悔しい気持ちでいっぱいですし、脱落していった練習生との約束を果たせなかったのも悔しいです。でも僕の夢はこの20人に託して、世界のステージに羽ばたいていくところを見たいです。20人全員ががんばってほしいなと思っています。『PRODUCE 101 JAPAN』に参加できて、切磋琢磨して充実した日々を過ごせたのはみんなのおかげです。本当に感謝しています」

【33位】岡野 海斗(5↓)
満面の笑顔で選ばれた練習生たちを祝福していたが、33位という順位を目の当たりにした瞬間号泣。そのギャップに胸が痛くなった。

「国民プロデューサーの皆さんにとても感謝しています。すごく悔しいですけど……。やっぱりファイナルに行きたかったです。この悔しさをバネにして、僕はこれからもがんばります。20人の皆さん、がんばってください」

【34位】浦野 秀太(1↑)
不安そうにしている今西や宮島を思いやり、励ましていた浦野。消化不良のまま終わってしまった自分に対して、不甲斐なさを感じているようだった。

「悔しいです。最初のほうからずっと安心できる順位にいなくて……。寮で放送を観ていてもはじめのほうで名前が呼ばれてしまうのがすごく悔しくて……。最終的に第3回順位発表でもいつもどおりの結果で終わってしまって悔しいです。20人の皆さん、がんばってください」

収録後は、しばし練習生同士でのお話しタイム。選ばれた20人はすぐさまに脱落した練習生たちのほうへ駆け寄り、別れを惜しみつつ言葉を交わしていた。

(C)LAPONE ENTERTAINMENT
鶴房はすぐに北川のもとへ。すぐに北川が鶴房に抱きつき号泣。スタッフの声がかかるまでお互いにずっと離れず、健闘を称え合っていた。自分も涙しながら、泣きじゃくる北川を慰める鶴房から目が離せなかった。

(C)LAPONE ENTERTAINMENT
涙が止まらない佐藤隆士を元気づける金城と安藤。

(C)LAPONE ENTERTAINMENT
佐野を囲む、「DOMINO」チームの面々。時間いっぱいまで佐野のまわりには練習生たちが集まっており、人望の厚さが感じられた。

「これで終わりじゃないから」「ここまでやれたってことは、まだ可能性はある!」「みんな泣いてるけど、このチャンスは次につながったよ」など、脱落した練習生たちから徐々にポジティブな声が聞こえ始め、彼らのメンタルの強さと成長がうかがえる一面も。本当にこの「PRODUCE 101 JAPAN」が最後と思わずに、諦めずに夢を追いかけてほしい。

第3回国民投票発表で、ファイナルに向けて熱い意気込みを語った20人の残った練習生たち。彼らを応援するための投票権は、GYAO! サイトからの投票だけでなく、ソフトバンクLINE公式アカウントと友だちになるとゲットすることができる。一票の積み重ねが順位に繋がっていくため、気が抜けない状況だ。

※なお、5日GYAO!配信内で、キム・ユンドンとチョン・ヨンフンの辞退が発表され、21位だった佐藤來良と22位だった宮島優心が繰り上げで復活した。


20人が挑むデビュー評価曲の発表へ…


(C)LAPONE ENTERTAINMENT
順位発表の後は、20人が挑むデビュー評価曲の発表と、それぞれのパート決めの収録が行われた。

課題曲は「YOUNG」と「GrandMaster」。2曲ともオリジナルのダンスチューンで、10人ずつのグループに分かれて披露。下の順位からやりたい曲・パートを選んでいき、曲・パートを決めていく。進んでいくにつれ、当然やりたいパートがかぶってくるわけだが、その場合は順位の高い者が下の者のパート・曲を移動させてOK。そのため、下位の練習生ほど、戦略的にパートを選ぶ必要も出てくる。

まずはそれぞれの振り付けを映像で確認。それぞれ3回映像を観ながら曲を聴いて、パートを慎重に選ぶ。

(C)LAPONE ENTERTAINMENT
(C)LAPONE ENTERTAINMENT
しばし考えて、20位の今西からパート決めスタート! 7位の安藤あたりまではサクサクとやりたいパートに自分のステッカーを貼っていくが、6位の川西からその流れが止まる。自分の希望パートにすでに別の練習生のステッカーが貼ってあり、それをどこかへ移動させる必要があるからだ。やりたいパートはあるけど、申し訳ないしどこに移動させようか迷う……。優しい練習生たちは悩みに悩んで、時間はどんどん過ぎていく。

(C)LAPONE ENTERTAINMENT
(C)LAPONE ENTERTAINMENT
この日はみんなで悩み抜いて曲とパートを選び、ダンスのポジションは後日チーム内で話し合って決めるとのこと。12月11日(水)のデビューバトル、ファイナルステージで、どんな姿を見せてくれるのか、今から楽しみだ。

このワクワク感をもっとリアルに体験するために、推しの練習生に投票して、是非皆さんにも国民プロデューサーになっていただきたい。

■キャンペーン詳細
【ソフトバンクLINE友だちに投票権プレゼント】
特典:GYAO! サイトからだけでなく、ソフトバンクの応募サイトからも投票できる「PRODUCE 101 JAPAN」投票権

取得方法:ソフトバンクLINE公式アカウントを友だち追加

応募期間: 2019年12月5日(木)午後11時~12月11日(水)午前5時
※1人1日1回1票投稿可能です。

【一生分のLIVEチケットプレゼント】
特典:11人のお披露目LIVEチケットと一生分のLIVEチケット(57万6,000円相当分のJCBギフトカード)

応募方法:ソフトバンクLINE公式アカウントと友だちになり、応募フォームよりアンケートに回答(事前にソフトバンクLINE公式アカウントと友だちになっておくと、キャンペーン応募開始時にLINEでメッセージが届きます)

開催期間:2019年12月6日(金)午前10時~12月20日(金)午前10時

■関連リンク
キャンペーンサイト:https://lin.ee/blHI2C7/yfsz/news/1206

記者 : Kstyle編集部