ポン・ジュノ監督「第6回韓国映画制作家協会賞」で監督賞を受賞…作品賞は「ハチドリ」

Newsen |

韓国映画制作家協会の受賞者(作)が公開された。

「第6回韓国映画制作家協会賞」が今月17日、ソウル韓国プレスセンターで開かれる。

作品賞の受賞は「ハチドリ」となった。監督賞は「パラサイト 半地下の家族」のポン・ジュノ監督が獲得した。脚本賞は「国家が破産する日」のオム・ソンミン脚本家が受賞した。

主演男優賞は「無垢なる証人」のチョン・ウソンが受賞する。主演女優賞は「誕生日」のチョン・ドヨンが獲得した。助演男優賞は「スウィング・キッズ」のオ・ジョンセ、助演女優賞は「わが国の語音」の故チョン・ミソンさんが受賞した。

撮影賞と音響賞は「鳳梧洞戦闘(ポンオドンセントウ)」のキム・ヨンホ、コン・テウォンとなった。照明賞と美術賞は「パラサイト 半地下の家族」のキム・チャンホとイ・ハジュンとなった。編集賞は「エクストリーム・ジョブ」のナム・ナヨン、音楽賞は「スウィング・キッズ」のキム・ジュンソク、技術賞は「EXIT」の特殊効果チョン・ドアン、故チョン・レフンさんが受賞する。

今年の功労賞受賞者はイ・ジャンホ監督となった。1974年「星たちのふるさと」でデビューし、「風が吹いて良い日」「闇の子たち」「バカ宣言」「膝と膝の間」「オウドン」「旅人は道でも休まない」などを演出した。

記者 : ペ・ヒョジュ