防弾少年団 ジョングクに被害…個人情報保護法違反の容疑で本日(12/2)カラオケ店関係者2人を送致

MYDAILY |

写真=マイデイリー DB
防弾少年団のジョングクの姿が写ったカラオケ店での防犯カメラ画像を流出させた容疑で、巨済島(コジェド)のカラオケ店関係者2人が検察に送致された。

慶尚南道(キョンサンナムド)巨済警察署は本日(2日)、個人情報保護法違反の容疑で巨済市内のカラオケ店関係者ら2人を先月、起訴意見で検察に送致したと伝えた。

彼らは今年9月頃、休暇中だったジョングクが巨済市内のカラオケ店を訪問した時の姿が写った防犯カメラ画像をインターネットポータルサイトなどに流布した容疑を受けている。

該当画像がインターネット上に広がり、当時一緒にいた女性とジョングクの熱愛説が浮上すると、所属事務所のBig Hitエンターテインメントは「アーティストの長期休暇期間に起きた些細な個人の日常が歪曲されて拡散されたことを残念に思う。防犯カメラの流出や違法撮影の有無などについて確認した後、個人情報の流出やプライバシー侵害に対しては、法律で厳しく対応する予定だ。また、虚偽事実の流布にも例外なく法的対応を取る方針だ」とコメントを伝えていた。

Big Hit、カラオケ店関係者を告訴…防弾少年団 ジョングクが写った防犯カメラの画像を流布

防弾少年団 ジョングク、空港で着用した生活韓服が話題に…海外ファンからも注文が殺到

記者 : パク・ユンジン