チン・セヨン主演新ドラマ「揀択-女人たちの戦争」予告映像第3弾を公開…欲望に渦巻く人々の迫力

TVREPORT |

写真=TV朝鮮「揀択-女人たちの戦争」予告映像第3弾画面キャプチャー
TV朝鮮の週末ドラマ「揀択-女人たちの戦争」は最近、チン・セヨン、キム・ミンギュ、ト・サンウ、イ・ヨルウム、イ・シオン、イ・ファギョムの強烈な熱望を盛り込んだ予告映像第3弾を公開した。

公開された映像はカン・ウンボ(チン・セヨン)が国婚の日に、暴漢たちの銃に撃たれて亡くなった王イ・ギョン(キム・ミンギュ)の遺体安置所に潜入するシーンから始まった。カン・ウンボがイ・ギョンに近づいた瞬間、死んだはずのイ・ギョンが突然目を覚ましてカン・ウンボの手首を掴み、カン・ウンボを驚かせた。

一方、銃撃事件を王妃一家の不正としてごまかそうとする大王大妃(チョン・エリ)は沈黙した。続いてカン・イス(イ・ギヨン)の死刑を目撃して叫ぶカン・ウンボを抱きしめるワル(イ・シオン)の眼差しが輝いた。

またイ・ジェファ(ト・サンウ)は刀に刺されて倒れたカン・ウンボを救い、チョ・ヨンジ(イ・ヨルウム)は二度と王のそばを譲りたくないとチョ・フンギョン(イ・ジェヨン)の前で跪いた。

キム・マンチャン(ソン・ビョンホ)と大妃(チョ・ウンスク)は必ず王妃になるというキム・ソンイ(イ・ファギョム)の宣言に満足して頷いた。さらにカン・ウンボもペク・ジャヨン(オム・ヒョソブ)に対し「私に、死んだ王妃と同じ顔をしているとおっしゃいましたよね」と言いながら王妃になると宣言し、緊張感を高めた。

「揀択-女人たちの戦争」の制作陣は「激しくぶつかり合い、熾烈に愛する人物たちの人生が披露される予定だ。激動の波乱の中でそれぞれの欲望を抱いた人々の命がけの歩みを楽しみにしてほしい」と期待を高めた。

「揀択-女人たちの戦争」は韓国で12月14日に初放送され、毎週土、日曜日の午後10時50分に放送される。

記者 : ソン・ミンジュ