パク・ジヒョン、映画「アンカー」に出演決定…チョン・ウヒとの共演に“光栄です”

OSEN |

写真=NAMOO ACTORS
パク・ジヒョンが映画「アンカー」に電撃キャスティングされた。

2019年注目の新人女優パク・ジヒョンが、映画「アンカー」で観客に会う。「アンカー」は、放送局の看板アナウンサーであるセラ(チョン・ウヒ)に謎の情報提供者が、自身が殺されるので直接取材して欲しいという電話をかけてきたことから始まるストーリーを描く映画だ。

パク・ジヒョンは劇中で記者出身のアナウンサー、ソ・スンア役を務める。記者出身らしい鋭い眼目とアナウンサーに負けない巧みな司会能力を兼ね備えている人物である。デビュー以来、初めてアナウンサー役を演じるパク・ジヒョンと、劇中でメインアナウンサー役を務めるチョン・ウヒとの共演も期待されるポイントだ。

また、パク・ジヒョンのイメージチェンジにも注目が集まっている。映画「昆池岩」と「使者」を通じて代替不可能なキャラクターの表現力はもちろん、安定した演技力で観客を魅了したパク・ジヒョンが、「アンカー」では報道局で繰り広げられる新しいストーリーを伝えて、イメージチェンジを図る予定だ。

パク・ジヒョンは「ロールモデルであるチョン・ウヒ先輩と一緒に撮影することができて光栄だ。共演する場面が多いので、現場ですごく勉強になりそうで楽しみだ」とし、普段から尊敬していた先輩チョン・ウヒと共演できる嬉しさを表した。また「子供の頃アナウンサーが夢だったので、映画の中で実現できて本当に嬉しい。一生懸命準備して、観客の方々に新しい姿をお見せできるように最善を尽くす」とし、格別な抱負と共に映画「アンカー」に合流した思いを伝えた。

MBCドラマ「新米史官ク・ヘリョン」で大きな支持を得て、映画やドラマを行き来しながら活躍しているパク・ジヒョン。彼女は最近、人気バラエティ番組「ランニングマン」で、率直でサバサバしたギャップのある魅力まで披露して、大きな話題を集めた。2019年、次世代の“信頼して見ることのできる女優”として浮上している彼女が映画「アンカー」で見せる姿に注目が集まる。

記者 : ハ・スジョン