放送終了「椿咲く頃」コン・ヒョジン、真犯人の正体に驚愕…カン・ハヌルとの恋の結末は?

TVREPORT |

※この記事にはドラマのストーリーに関する内容が含まれています。
写真=「椿咲く頃」画面キャプチャー
「椿咲く頃」が“家族の誕生”を盛り込んだハッピーエンドで視聴者たちを微笑ませた。

21日に韓国で放送されたKBS 2TV「椿咲く頃」では、夫婦になったヨンシク(カン・ハヌル)とトンベク(コン・ヒョジン)の新しい未来が描かれた。その中にはジョンスク(イ・ジョンウン)も一緒にいた。

連続殺人犯はパク・フンシク(イ・ギュソン)の父ではなく、フンシク本人だった。フンシクは生まれつきのサイコパスだった。フンシクの父はヨンシクの前で「僕が食べて生きていくことが苦しくて息子を放置した」と涙ながらに真実を語った。

その際、トンベクもフンシクが真犯人だということを知って警戒したが、彼女はすでにフンシクに狙われていた。幸いその瞬間二人がいるカメリアの電話が鳴り、トンベクの携帯電話に今カメリアに向かっているという町の人たちのメッセージが殺到した。するとフンシクは「僕が社長さんにアドバイスをする。簡単に人を同情するな」という警告を残してその場を去った。

憤怒したトンベクはそんな彼を追って、ビールチョキで彼の頭を叩いた。「君がその連続殺人犯なの?人の多いところでは何もできないくせに調子に乗るなよ」と言い捨てた。二人の様子を見てやってきた町の女性たちもフンシクが真犯人であることを知り、彼を殴ろうとした。しかし、フンシクは警察によって救われ、そのまま警察署に移送された。

ジョンスクは生死の瀬戸際は乗り越えたものの、相変わらず重病患者室に入院していた。ジョンスクの状態が悪化し、ヨンシクの母ドクスン(コ・ドゥシム)とトンベクの息子ピルグも病院にやってきた。ドクスンの前でトンベクは「どうすれば良いかわかりません。手放すべきですか?」と涙を流した。

ドクスンは「楽に見送ってやりなさい。あなたのおかげで最後まで温かかったって言ってたよ」とトンベクを慰めた。そしてこれより前に、ジョンスクはドクスンにトンベクの母になってくださいとお願いしていた。

ドクスンはまた「自分の人生を行きなさい。ピルグも何も全部後にして。どうしてもあなたが私のところに来るのなら、私はあなたのことをを大切に受け入れるから」とトンベクとヨンシクの関係を許した。

その後、ジョンスクが大きい病院に移ることになると、地元のみんながサポートした。ジョンスクは劇的に目を覚ました。トンベクは「私ってそんなに付いてない子じゃないからね」と言いながらジョンスクに抱かれた。

ホン・ジャヨン(ヨム・ヘラン)とノ・ギュテ(オ・ジョンセ)の関係も幸せな結末を迎えた。堂々とジャヨンの前に立ったギュテは彼女の名前を呼びながら愛の告白をした。ジャヨンは迫力あふれるキスで答え、二人は結ばれた。

ヨンシクもトンベクとの結婚準備を急いだ。トンベクは小さな結婚式を望んだが、ヨンシクは「地元最大のスケールでするからね」と宣言した。

ジョンスクは解約した保険金でカメリアを買った。喜ぶトンベクにジョンスクは「君のために何かやってあげると言ったでしょう?」と言った。トンベクは地元の人たちに報うためにカメリアの前で宅配保管箱を運営した。

ジョンリョルはトンベクに500万ウォン(約50万円)が入った通帳を渡した。ジョンリョルは「この中には永遠に500万ウォンが入っている。いくら使っても僕がいつも500万ウォンを入れておくから。ピルグがメジャーリーグに行くまで僕はこの通帳でサポートする」と宣言した。

それから10年後、ピルグはメジャーリーガーに成長した。「椿咲く頃」が奇跡のようなハッピーエンドを描きながら完璧な結末を迎えた。

記者 : イ・ヘミ