斎藤工からEXILE 橘ケンチまで…「パラサイト 半地下の家族」ポン・ジュノ監督、日本俳優&トップクリエイターと豪華対談!

KSTYLE |

(C)2019 CJ ENM CORPORATION, BARUNSON E&A ALL RIGHTS RESERVED
映画「パラサイト 半地下の家族」が全米で今年No.1の大ヒット中! 引っ張りだこのポン監督がオスカーキャンペーンの合間をぬってアメリカから緊急来日!

今回、日本のトップクリエイターや俳優らと対談が実現した。11月6日~8日に来日したポン・ジュノ監督。7日に行われた日本最速試写会にサプライズ登壇し映画ファンを狂喜乱舞させたが、滞在中は多くのマスコミ取材を受けながら、日本のトップクリエイターや俳優らと対談したという。

(C)2019 CJ ENM CORPORATION, BARUNSON E&A ALL RIGHTS RESERVED
(C)2019 CJ ENM CORPORATION, BARUNSON E&A ALL RIGHTS RESERVED
日本カルチャーに造詣の深いポン監督。かねてからファンであることを公言している日本のトップクリエイターたちとの対談が実現! 一人は、世界中で展覧会が開かれ日本を代表する漫画家である浦沢直樹。もう一人は、近作「未来のミライ」がアカデミー賞にノミネートされたアニメーション映画監督の細田守。ジャンルを横断して、世界で活躍する芸術家同士の夢の対談が実現した。

日本映画界にもファンが多いポン・ジュノ監督。「ぜひ監督に会いたい!」と忙しいスケジュールを調整して、斎藤工、仲野太賀、EXILE/EXILE THE SECONDの橘ケンチ、満島真之介ら日本映画界を牽引する俳優たちが監督と対面。俳優ならではの視点で、映画「パラサイト 半地下の家族」や監督の過去作についてインタビューした。

(C)2019 CJ ENM CORPORATION, BARUNSON E&A ALL RIGHTS RESERVED
(C)2019 CJ ENM CORPORATION, BARUNSON E&A ALL RIGHTS RESERVED
コメディ、サスペンス、アクション……あらゆるジャンルの要素を包括した圧倒的なエンタメ作でありながら、貧富格差といった今日性を持つ本作。ジャーナリストからも「今見るべき映画」として注目を浴びている。若手評論家として活躍する荻上チキがポン・ジュノ監督に取材した。

これらの掲載情報などは追って解禁される予定だ。日本でも話題を呼ぶことと予想される「パラサイト 半地下の家族」から目が離せない!

(C)2019 CJ ENM CORPORATION, BARUNSON E&A ALL RIGHTS RESERVED

■映画情報
映画「パラサイト 半地下の家族」
公開日:2020年1月10日(金)より全国ロードショー
場所:TOHOシネマズ日比谷ほか

出演: ソン・ガンホ、イ・ソンギュン、チョ・ヨジョン、チェ・ウシク、パク・ソダム、イ・ジョンウン、チャン・ヘジン
監督:ポン・ジュノ「殺人の追憶」「グエムル -漢江の怪物-」
撮影:ホン・ギョンピョ 音楽:チョン・ジェイル
提供:バップ、ビターズ・エンド、テレビ東京、巖本金属、クオラス、朝日新聞社、Filmarks
配給:ビターズ・エンド

(C)2019 CJ ENM CORPORATION, BARUNSON E&A ALL RIGHTS RESERVED/2019年/韓国/132 分/PG-12/2.35:1/英題:PARASITE/原題:GISAENGCHUNG

■関連リンク
公式サイト:http://www.parasite-mv.jp/

記者 : Kstyle編集部