「椿咲く頃」コン・ヒョジン、イ・ジョンウンにカン・ハヌルとの別れを告白

Newsen |

※この記事にはドラマのストーリーに関する内容が含まれています。
写真=「椿咲く頃」放送画面キャプチャー
コン・ヒョジンがカン・ハヌルと別れたことをイ・ジョンウンに告白した。

11月20日に韓国で放送されたKBS 2TV水木ドラマ「椿咲く頃」は、トンベク(コン・ヒョジン)とヨンシク(カン・ハヌル)が別れを受け入れる姿が描かれた。

カン・ジョンリョル(キム・ジソク)は、ピルグ(キム・ガンフン)が離れた後、横になっている娘レベッカに愚痴を言った。彼は「今日、僕が拳で鼻を殴られてみてはっと気がついた。僕は一度も自分のもの全てをかけて何かを守ったことがなかった。だからパパに罰が当たったみたいだね」と打ち明けた。

トンベクはジョンスク(イ・ジョンウン)に、ヨンシクと別れたと告白した。トンベクが「私が振った」と言うと、「あなた何だと思っているの? 2人のバカが別れたって?」と聞くと、トンベクは「本当にちゃんと別れたの」と話した。

これに先立ってヨンシクは、トンベクを家まで送って「何かあったら必ず電話してください。僕はトンベクさんの味方だから。カブリ(連続殺人犯)は捕まったし、トンベクさんは今まで通りに生きてください。僕が幸せになってくださいと言わなくても、トンベクさんは幸せになるはずです。トンベクさんはカッコよくてキレイな方ですから」と話した。トンベクは「ヨンシクさんが言ってくれた言葉が、私には呪文みたいだった。私の世界が本当に少し変わったんです。ありがとうございました」と話した。

ジョンスクは「ピルグだけを見て、一生一人で暮らすつもり?」と聞くとトンベクは「着火炭で自殺した人の記事を見て、しばらく考えていたけれど、その時にピルグが『ママ』と言った。その声で地獄が天国に変わったの。ピルグは私にとって神様よ。今回の人生はピルグにオールインしてもいい」と話した。これに対してジョンスクは「トンベク。寂しいよ。寂しさは人を殺すの」と引き止めた。

記者 : チェ・スンヘ