ASTRO、活動中断のムンビンを除く5人でカムバック「とても残念…元気で戻ってこれるように応援してほしい」

Newsen |

ASTROのメンバーたちがムンビンの不在に残念な気持ちを表した。

本日(20日)、ソウル広津(クァンジン)区YES24ライブホールでは、ASTROの6thミニアルバム「BLUE FLAME」発売記念ショーケースが開かれた。

これに先立って、ムンビンはカムバックを準備していた途中で健康に異常が生じ、十分な休息と治療が必要であるという医療陣の意見に従って、しばらく活動を休止することを決定した。これを受け、ASTROはしばらくムンビンを除く5人体制で活動することになった。

ジンジンは「メンバーたちや事務所とたくさん話し合ったし、ムンビンの健康が最優先だという話があって、そのような決定をした。私たちもすごく残念だが、ムンビンがいつもステージにいて、一緒に活動していると思ってステージも頑張るので、期待してほしい」と話した。

チャ・ウヌは「6人での完全体の姿を披露したかったけれど、一緒に活動できなくなって残念であり、ファンの方々に申し訳ないと思っている。ムンビンの不在感をなるべく感じさせないように、パートを配分した。戻ってきたら、もっと喜んで迎えることができるよう、さらに一生懸命に努力して準備した。私たちも胸が痛い。ムンビンが元気になって戻ってこれるよう応援していただきたい」と付け加えた。

ASTROの6thミニアルバム「BLUE FLAME」は、高い温度で見える青い炎のように、情熱で限界を乗り越えるというASTROの意志が込められたアルバムであり、ASTROの“夢幻ファタール”の魅力を垣間見ることができる。

ASTROの6thミニアルバム「BLUE FLAME」は、この日の午後6時、各音楽配信サイトを通じて発売される。

ASTRO、10ヶ月ぶりのカムバック「グループとして相乗効果を発揮する」

【REPORT】ASTRO、神戸&横浜で開催されたファンパーティーが成功裏に終了…4公演で1万2000人を動員

記者 : イ・ハナ、写真 : チョン・ユジン